SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

木村脩陸、二村佳代子、つるうちはな、いいくぼさおり、星野みちる「円山町文学座〜春風編〜」渋谷O-nest(18:30-)

やっと星野みちるのライヴに行くことができた。天窓でやってた頃の抽選は全部はずれてたので、行けるときに行っておく。次観れるのはいつになるかわからんし。渋谷O-nestって初めて行ったが、構造といい広さといいけっこう良さげ。チケットにはオールスタンディングって書いてあったけど、椅子がならんでたので座りで見れた。おかげで視界が遮られることも無かったし。
最初に出てきたのが木村脩陸。チケットに名前書いてなかったのでオープニングアクト扱いなのか。ピアノ弾き語り。ぶっちゃけ男は興味ない、はずなんだけど、そんな俺にも結構良いと思えた。
二村佳代子。ギター弾き語り。歌や演奏はもちろん、トークも軽妙で非常に楽しかった。ってか、アイドル以外で自己紹介ソングってはじめて聴いたかも・笑。
つるうちはな。ピアノ弾き語り。なんか‘ものすごい勢い’だった。
いいくぼさおり。ピアノ弾き語り、なんだけど、見せ方が上手い、ってゆーと上から目線ぽくて申し訳ないが、とにかく目が離せなかった。決めポーズとかあったり、マイクスタンド回したり(!)それで演奏も歌もまったく乱れない。こういうのあるからライヴが好き。
星野みちる。バンドとともに登場。1〜3曲目は、G,Dr,B,とキーボードヴォーカル星野さん編成で。3曲目と4曲目の間に、キーボード片付けてマイクスタンドを調整してたんだけど、星野さんが悩みながら調整し終わった頃にスタッフが調整済みのマイクスタンドが差し出されるプレイ(笑)。さらの星野さんマイクの付け方がよくわかってないプレイ(笑)。4〜6曲目はヴォーカルに専念。ヴォーカルに専念しているせいか印象は良かった。アンコールの「ガンバレ!」のみ弾き語りで。一番印象的だったのは「素直になりたい」。「指切り」の手振りとか、「また会いましょう」の大合唱(笑)とかも楽しかった。できれば全曲弾き語りで聴いてみたいと思った。