SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

あらためて、98年組がすごい件。もう一度言う、98年組がすごい。

こないだふと気づいたのだが、98年生まれのアイドル達が逸材すぎて震えた。まれにこういうことがあるが、いわゆる“当たり年”だったのだろう。とはいえ、デビュー年が同じなら機運とかブームとかで説明できるが生年が同じとなるとこれはもう歴史の必然とか時代に選ばれた者とか言いたくなる。


鞘師里保。1998年5月28日生まれ。モーニング娘。9期メンバー。


福原遥。1998年8月28日生まれ。みなさんおなじみ「クッキングアイドルアイ!マイ!まいん」のまいんちゃん


新井ひとみ。年齢非公表4月10日生まれ。東京女子流。参照→http://avexnet.jp/id/thito/profile/


この3人だけでも充分奇跡的なのだが、さらに私立恵比寿中学(全員かわいい)の柏木ひなた、松野梨奈、鈴木裕乃安本彩花、99年生まれだが学年が一緒の廣田あいか。さらにさらに、さくら学院(全員かわいい)の飯田來麗堀内まり菜杉崎寧々佐藤日向も。


みんな98年組だ。震えるだろ。他にもまだいるかもしれない。


だからなんだと言われるとこれといった結論はない、出るわけがないのだが、我々は今そういう奇跡的な時代に生きているということだ。今のいわゆるアイドルブームというのは、彼女たちのために歴史が用意したステージなのかもしれない。