SKiCCO REPORT

アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。ご連絡やお仕事のご依頼は[ skicco@gmail.com ]まで。お待ちしております。

課金レースはアイドルを蝕む病魔か

雑誌の掲載やタイアップ獲得などを賭けてSHOWROOMやLINELIVEなどで実施されるいわゆる課金レース(雑誌買わせるのもある)。
ファンは自分の応援するアイドルに1位になってほしい、入賞して“ご褒美”を獲得してほしいと金をつぎ込むわけで、そういうファン心理を狙ってこの手の課金レースは行われている。
しかし、レースに勝とうが負けようが注ぎ込まれてた金は、オーディション主催者とかSHOWROOM、LINELIVEといったプラットフォーマーのものになってしまう。
アイドル(運営)にしてみれば、本来であれば自分たちに使われるはずの金がオーディション主催者やプラットフォーマーに使われていることになる。
レースに勝ったところで、そのベネフィットは一瞬である。ファンの財布は疲弊し、アイドル(運営)は、ファンがつぎ込んだ金を得ることはできない。レースに負ければなおさらである。出るだけ損。
これがアイドルか?エンターテインメントなのか?
課金レースのプラットフォーマーはアイドル文化に何かしらの恩恵をもたらすものなのか?
アイドルに関わる全ての人、特にギョーカイ人と呼ばれる人たちには、深く再考をお願いしたいところである。
そして、アイドルファンの財布も無限ではないということも付け加えておきたい。






<参考>

テン年代は、アイドルがファンをお金でランク付けし公表する時代になった - SKiCCO REPORT
https://skicco.hateblo.jp/entry/2019/10/01/000000