SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)と東京女子流の4年ぶりツーマンライヴ「J-GIRL POP WAVE -LIVE 20141028- プロトタイプ」を観てきました


http://j-girl-pop-wave.tumblr.com/post/101172458372/j-girl-pop-wave-live


10月28日19時より新宿ReNYで「J-GIRL POP WAVE -LIVE 20141028- プロトタイプ」が開催されました。


J-GIRL POP WAVE

J-GIRL POP WAVEとはアーティストを志向し、良質な音楽とライブパフォーマンスを届け、J-GIRL POPの新しいシーンを作って行こうとする女性グループ*個人の集合体。

ということで、今回がその第一弾ライヴでした。
開演時、ステージ上が明るくなってウォーって客が盛り上がったところへエイベックス佐竹氏が登場し軽くブーイング(笑)されつつJ-GIRL POP WAVEの趣旨を説明後、ライヴ開始。


出演順は、ドロシー→女子流。曲目は以下。

  • 【Dorothy Little Happy】
    • ASIAN STONE
    • インマイライフ・フォーマイライフ
    • 2 the sky
    • COLD BLUE
    • 壊れちゃう 崩れちゃう
    • STARTING OVER
    • Life goes on
    • 恋は走りだした
    • デモサヨナラ
    • それは小さな空だった

  • 東京女子流
    • 鼓動の秘密
    • Count Three -TGS version-
    • GAME
    • exitence
    • pale blue nocturne
    • Say long goodbye
    • ヒマワリと星屑 -English Ver.-
    • LIFE SIZE
    • Attak Hyper Beat POP


ドロシーはいつもながらというかいつも以上に熱情にあふれたステージでした。1曲目「ASIAN STONE」からはじまったんですが、まりちゃん(高橋麻里)が歌い出した段階でグッと心をつかまれて、新曲「インマイライフ・フォーマイライフ」も、久々な気がする「壊れちゃう 崩れちゃう」も、「STARTING OVER」も、ステージ上のドロシーの魅力に引き寄せられ、心震わせられて泣きそうになりました。ドロシーのライヴだと時々そうなるのですが、今日は特にその感じが強かったです。まりちゃん曰く「今日はいつも以上に 魅せる 聴かせる そんなライブをしたくて セットリストを考えました!!」ということなので、まさしく狙いドンピシャでしたね。盛り上がり定番曲「恋は走りだした」も爆発感あったし、いつも熱いステージを魅せてくれるみもりん(富永美杜)も今日は一段と熱情的でした。最後の曲「それは小さな空だった」も切なさ満点で、じっくり聴いてグッと泣くって感じでした。


女子流はとてもダイナミックというか迫力あるステージでした。ドロシーは魅力に引き寄せられましたが、女子流は向こうからパワーがガンガンこっちに迫ってくる勢いで、もういちいちかっけー!かっけー!って(心の中で)騒いでました。「Count Three -TGS version-」から「pale blue nocturne」まで4曲連続も圧巻でした。そして、曲紹介時のトークで山邊未夢さんが、これまではこういう曲は歌えなかったけど今回歌えるようになった、といった意味の言葉で紹介した「Say long goodbye」、事前にネットで聴いて曲自体は知っていたものの、ライヴはもうなんかすごいって言葉じゃ足りないくらいすごくて、こりゃ女子流のみならずアイドル史上に残る名曲になるんじゃないかって気がしました。山邊未夢さんと言えばやはり以前と比べると表情豊かになったというか活き活きしてる感じがしました。あとこの日はカッコイイ系の曲が多くて当然メンバーもシリアスな表情が多かったんですけど「Attak Hyper Beat POP」歌い終えた時の小西彩乃さんの笑顔がスカっとしてて観てるこちらも幸せな気分になりました。あと女子流観ると毎回同じ事言ってるような気もしますが、新井ひとみさんの“観てる者に目線が来たように感じさせる能力”がいつもながら圧倒的で、俺が免疫のない中学生とかだったら「ひーちゃんと目が合った!何度もチラチラこっち見てる!」って浮かれてると思います。


最後は10名とも会場に出てきて感想を言い合ったり。女子流がドロシーを呼びこむ流れだったのですが、かなでし(白戸佳奈)がうっかりフライングで出てくる一幕もありつつ。


本当に心の底から楽しくて幸せでした。まだ10月ですけど今年最高のライヴとか言っちゃいたくなります。そんな最高のライヴにあえてないものねだりで欲を言えば、10人でなんか歌って欲しかったなあ〜って気持ちもあります。それこそtofubeatsさんの「Come On Honey!」(Come On Honey! feat.新井ひとみ(東京女子流)が発売中)を10人で歌ってくれたらお祭り感よりいっそう合ったんじゃないかななんて妄想したり。


この2組でのツーマンは4年ぶりだと言う話も出てましたが、たまには東京女子カフェのことも思い出してあげて下さい笑。






【関連記事】
東京女子流、Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー) 「東京女子カフェLIVE 2012 SUMMER #1 a-bossaリリース記念 4日目」 渋谷SPACE SHOWER TV THE DINER (12:00-) - SKiCCO REPORT


【関連リンク】
J-GIRL POP WAVE(公式ページ)