SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

momo 「次世代アイドルお台場サミット in MEGA WEB」 お台場メガウェブ(15:30-/17:30-)

momoちゃん観てきた。
momoオフィシャルサイト | 北海道発 中学生シンガー"momo"のオフィシャルサイト

なんとなく「大好きだよ」のイメージが強くて、シャレオツアーティストな売り方なのかなあと漠然と思ってたんだが、猛省したくなった。変な話、アーティストなんぞにしておくのはもったいない。


この日は2回ステージ。
15:30からの1回目。1曲目「キミとサクラと」のイントロとともにステージに元気よく飛び出してきたかと思ったら「みんな立って立って〜」って煽りだした。客席には半分くらい椅子があってみんな座って観る気マンマンだったけど最前の人たちうっかり立って、そしたら他の人達も当然ながらおそるおそる立つんだけど、momoちゃん歌い出したら実はそんな立って盛り上がる風な曲でもなかったのでこれまたおそるおそるみんな座るとか一瞬よくわからない光景に。
そのあとは普通に楽しく進行。「Super Driver」(平野綾)とか「桃色片想い」(松浦亜弥)とかカヴァー曲もやるんだと思った。「桃色片想い」は本人が歌うのも本人じゃない人が歌うのもさんざん観てきたけど、こんなに違和感がない人もそうそういるもんじゃない。たぶん2011年現在この曲をmomoさんよりかわいく歌える人はまずいないと思う。
MCで、ステージに置いてあった掃除機じゃなくってセグウェイみたいな機械の紹介。トヨタセグウェイ。momoちゃん乗ってみる。いちいちかわいい。あとMCでツアーの告知をしたんだが、「momo 100%〜ぎゅぎゅっと濃縮(はあと)〜」のはあととかにょろまで読んでるのがかわいい。
他に「Fallin' Snow」、メジャーデビュー曲の「大好きだよ」を披露。
1回目の衣装はこんな感じ。
Twitter / @momo_info: うちの子、ピュアすぎるんです。すごいんです、なんかも ...

(リンク先に画像あり)


17:30からの2回目。1曲目は同じく「キミとサクラと」だが立たないことがわかったらしく煽りはなかった。他に「GLORY DAYS」「桃色片想い」「Fallin' Snow」「大好きだよ」。いろんなタイプの曲を様々に歌っててすごいなあと思った。それでいてマイケル・ジャクソンさんのものまねならぬももまね(やる前に「どんなことがあっても絶対笑ってください」のことわり付き)とか冷静に見たらサムいのに、まったくひるむこと無く、一点の曇もない笑顔で進行する。だからこっちも楽しいし安心して笑顔になれる。


最近はグループものばかり観てて私自身がグループ脳みたいになってるし、ソロの人は大変なのもなんとなく想像するけど、そういうことをまったく感じなかった。
例えがアレかもしれないが、一人だけどステージ上の情報量が数人分もあるような、そんな気さえする。しかもただ技術的に優れているとかではなく、そういう話はまったくせずにただただ愛らしいと言うだけでも十分魅力的というかもうそれしか言いたくない。
技術がどうこうとかそういう通俗的な価値基準に当てはめたくないし当てはまらないほどビッグだけどかわいらしい存在だと思った。