SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

「Dorothy Little Happy 定期Live 2015 vol.5」を観てきました



Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)がHeaven’s Rockさいたま新都心VJ-3で開催した定期ライヴに行ってきました。昼夜あるうち17時半からの夜公演を観ました。


まりちゃん(高橋麻里)曰く妖精さんの衣装で登場。
1曲めが「ストーリー」だったので軽く春ツアーを思い出したり。
個人的に日本海溝より深い思い入れのある「Hi so jump!」や、個人的に今一番聴きたい曲「singing」や、ダンスも歌も大好きな「HAPPY DAYS!」を演ってくれてうれしかったです。この回は新曲も初期も中期もまんべんなくって感じでしたね。「singing」からの「set yourself free」とか趣あるいい流れだと思いました。本編最後は冬の曲をということで「永遠になれ」これまたあらゆる意味で美しいのでキレイな終わりでした。
Happy Dance Remixじゃない「Hi so jump!」って俺いつ以来だろうか?「諦めないで」もなんか久々な気がしましたが(そうでもないか?)、こうみん(早坂香美)のダンスは一段と切れ味が増してノリノリだったように感じました。それはもちろん他のメンバーだって歌とかダンスとかは常にパワーアップしてて、停滞は後退と言われるような世界では、常に前に進み続けることが必要で、そのへんドロシーは迷いがなくて素敵だと思います。
トークの中では、「シークレット」が2曲めだったのでメインのるーちゃん(秋元瑠海)は大変だったとか。あとこの日は無かったんですが、オーバーチュアがある時ステージに出るタイミングの話で、みもりん(富永美杜)によると、るーちゃんがいつまでたってもタイミング覚えない的な話題に花が咲いたり。
あとメンバーは口をそろえて、埼玉の定期ライヴはじめてだけどリラックスできる、お家みたい、とか言ってました。
ライヴハウスなので例によってステージ上のパフォーマンスはちゃんと見えないのですが、私の場所からはかなでし(白戸佳奈)が比較的よく見えて、最年長なのにすげえフレッシュで、それでいて最年長らしい安定感もあったりして、ますますかなでしが好きになりました。
とか思ってたら後半で、かなちゃん息がもれてた(?)もう歳だねみたいな話から、るーちゃんが肩で息してて叱られたって話から、まりちゃんがそのモノマネしたら顔がアレになったので見なかったことにしてほしいそうです(笑)。
アンコールでは、かなでしの誕生日が近かったということで、ファン有志による白いサイリウムでお誕生祝い。かなでしは、去年一昨年は後悔することが多かったので後悔のないように活動していきたいというような意味のことをおっしゃってました。あとバースデーケーキをメンバーみんなが欲しがりすぎてみもりんは今にも食べそうだったし、まりちゃんは、かなちゃんが主役なのにみんなでしゃばり過ぎだよって言いながらまりちゃんが一番でしゃばってたりでウケてました(笑)。
今日の曲目はかなでしが決めたということで、自分のお誕生祝いにしっかりアンコールに自分メインの「週末だけのロミオとジュリエット」を持ってくるあたりさすがとメンバーに冷やかされてました(笑)。
退場時、かなでしは最後に一人ステージに残って上手下手にとしっかり何度もお礼の挨拶をしていました。


曲目はかなでしのブログより。


かなでし●´□`)ノ埼玉定期!|ドロシーリトルハッピーオフィシャルブログ Powered by Ameba

1.ストーリー
2.シークレット
3.Breaking through
4.ソウル17
5.Hi so jump!
6.GET YOU
7.singing
8.set yourself free
9.HAPPY DAYS!
10.恋は走りだした
11.諦めないで
12.colorful life
13.Dear My Friend
14.永遠になれ

アンコール
週末だけのロミオとジュリエット