SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

全アイドルファン&関係者必見!東京女子流初主演映画「5つ数えれば君の夢」


東京女子流初主演映画「5つ数えれば君の夢」を観てきました。


公開直後、ネットでは、がら空きで大丈夫かなんて言葉も見られましたが、私が観に行った回はほぼ満席でした。確かに、作品の感想としてはどれもこれも大絶賛ばかりだったので、そういう感想を見て来た人もいるのでしょうかね。
キャッチコピーで「全シーン全カット必見の青春映画、誕生ー」なんて書いてあって、いやそれはいくらなんでも言いすぎだろとか観る前は思ってました。ですが、上映始まって一瞬でスクリーンに目が釘付けになってしまい、全シーン全カット必見は言いすぎじゃねえなっていうか、もうゴメンナサイしちゃいたい気分です。
本当に、始まってから終わるまで一瞬たりともスクリーンから目が話せませんでした。特にスペクタクルなシーンだとかショッキングな映像だとかがあるわけではないのですが、なぜか手に汗握るというか息を呑むというか、ずーっと映像に惹きつけられて、目も心も奪われてしまいました。
なんと言いますか、観終えると、女子流メンバーへの見方が変わるというか、まるで彼女らはこの作品のために生まれてきたのではないかとさえ思えるほど、すべてが作品に合致しているように感じました。彼女らはこの作品のために生まれてきたのではないのなら、作品の細部に渡る全てが東京女子流のために精緻に組み上げられているということであり、そしてそれこそが本来アイドル映画に求められる姿勢だとあらためて気付かされました。そうだよ!これだよこれ!こうじゃなきゃいけないんだよ!的な。
私は映画に関しては詳しくないので映画としてどうとは言えませんが、それでも言えるのは、全アイドルファンそして関係者は絶対に観ておかなければいけないと強く思いました。


山戸結希監督・東京女子流主演映画「5つ数えれば君の夢」は、渋谷シネマライズで上映中です。また今後全国各地でも上映される予定です。詳細は公式サイト参照。
また、本作の上映を記念して、渋谷シネマライズ近くの渋谷パルコ「パルコギャラリーX」にて、「川田十夢(AR三兄弟)Presents『もう5つ数えれば僕の夢』 」が3月20日から開催されます。写真集「5つ数えれば君の夢」を手がけた写真家イソベマサミの作品も展示されるということです。


【関連リンク】
映画「5つ数えれば君の夢」公式サイト