SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

JK21 マンスリー公演「JK21やねん」 赤坂元気劇場(16:00-)

先月に引き続き、JK21プチっ娘(今崎真琴、岩城愛実、工藤瑠架、辻さやか、渡辺のりか)も帯同してのマンスリー公演。


1曲目は最新曲(だと思う)「GO&GO」始まって一瞬でフレッシュさで満たされる感のある爽やかな曲。客席に何かを投げるってのは影アナで言ってたんだけど何度もあって驚きました(^_^;)
前半の衣装が清楚なのに色っぽくて良いと思いました。


自己紹介のお題は尊敬する歴史上の人物。しげさん(宮繁恵梨)は大塩平八郎って言ってましたが知ってる名前言っただけっぽかったです(笑)。おが(小笠原裕子)は伊能忠敬真野ちゃんと一緒だ(笑)。まこっちゃん(今崎真琴)が鑑真ってのはインパクト強い。つじこ(辻さやか)はバレエをやってるということで、白鳥の湖チャイコフスキーって答えたら、軽く踊らされるハメになってました(笑)。


曲は「Wonder cafe」のあと連続で「恋のキセキ」「涙目ピースサイン」ここでノーブレイクでプチっ娘とチェンジ&マイクリレーして「恋するハートは忙しい」そして衣装替えして制服衣装でJK21再度登場して「年上のダーリン」「vanilla」と、間髪入れない流れがとても素晴らしかったです。こういうのどこでもなかなか見れないし、これをやってくれるJK21が大好きです。


クイズコーナーはJK21対プチっ娘。いわゆるオッペケペー方式で、それぞれで負け残ったおがとピーコ(渡辺のりか)が最終決戦。かろうじて優勝というか最下位はまぬがれたおがでしたが、おべんきょうリーダーだけにくやしそうでした(笑)。


後半の曲は「七色リアル」から。6人でどうするのかと思ったらけいかりん(吉田桂華)のリボンが2色になってました(^^)
「青空ワンピース」「失恋ちゅーか」、告知をはさんで、「FOOTMAN」、そしてプチっ娘も含め全員で「happy graduation」サビ前の円陣みたいなのやっぱりかっこいいですよね。


時間的にはいつもとそう変わらないはずなのですが、中盤の怒涛のノーブレイク流れもあり、すごい満足度の高いマンスリー公演でした。