SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

制服向上委員会 「2011 制服向上委員会 Public Rehearsal“ハッピー サーズデー記念日”Vol.2」 初台TheDOORS(19:30-)

到着したら握手会やってて入口が混んでたんだが、スタッフの人が「握手会無い人は先に入場できます」みたいな案内してて、よく意味がわからなかったが、握手会の参加条件もわからなかったので参加せず入場。いや正直、ステージ終了後じゃないと何話したらいいかわかんないし……。


5月までは週1でやってた木曜日の公開リハーサル、好評のため月一で継続になったが、先月は行けなかったので2ヶ月ぶりに参加した。
今回はいきなりボロ〜ン&唱歌が連続というダブルパンチでかなり消耗した。1時間半以上ステージやってたと思うが半分以上ボロ〜ンだったんじゃないか?まあSKiってそういうもんだってわかってるけど、何の説明もなくこれだとハッピーサーズデーでついた新規とかたぶん裸足で逃げるだろ。あいかわらずスパルタンだわ。


あと反原発ソング「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」歌う前に、メンバーが、推進派の言うこともわかるしまだ賛否考えてるけど歌は歌なんでみたいなこと言ってて、あーこういう風通しのいいのがいいよなとか思った。TVにさようならのときもメンバー地デジ化完了してたしな。


橋本美香制服向上委員会の「原発さえなければ」 目の前で♪原発さえなければ〜事故は起きなかったのに〜とか直球で熱唱されると、いやそらそうだけどよとか思いつつ震えた。


アイドルちゃんがメッセージソング歌うのはアリだと思うし、むしろ今この現実を無視するほうが不自然だし、おためごかしみたいな歌でチャリティソング面するくらいならこのくらい直球のほうが俺は好き。とはいえ、アイドルちゃんといるときは、思想信条の垣根を超えて、社会や世間で考えなきゃいけないこと苦しいこと辛いこともちょっとの間だけ忘れて、みんなで笑顔で楽しくやりたいなあとも考えるので、複雑な心境ではある。


最後のほうでようやく「うたかたの夢」とか歌ってくれて良かった。「No Make」とか久々に聴いたらというかステージで観たらすげーかっこよくてビビった。あーにゃん(宮野愛沙)は歌ってる時はもちろん、バックダンサーやってるときが実に趣があるなあと思う。
あと「ママはプロデューサー」 の曲紹介?のときに、メンバーのコが、実際オーディション落ちて親に泣かされる子供いたみたいな話しててさっきとは別の意味で震えた。