SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。ご連絡やお仕事のご依頼は[ skicco@gmail.com ]まで。お待ちしております。

NGT48山口真帆さんが暴行された事件について思うこと

私は基本的にアイドルの事件やスキャンダルの類にはコメントしていない。自分が普段言及してないアイドルならなおさらだ。


自分の好きなアイドルが何らかの悪いニュースで話題になったとき、内部の事情や事実関係がよくわからないファンがネットなどで発言してもなんにもならないと考えるからだ。それに、当該アイドルのファンはつらく苦しいだろうと思うと、外野からやいのやいの言う気にならない。とはいえ、聖人君子を気取る気もないし、人並みの野次馬根性はあるので全くの無関心というわけでもないのだが……。


山口真帆さんやNGT48のファンは非常につらくそして複雑な想いに苦しんでいるだろう。だからもう48グループから離れて久しい私があれこれ言うことはしないでおくつもりだった。だけど、これは48グループだけの問題とは言えないと考えるようになったのだ。


まず大前提として、山口真帆さんの心身の安全が確保されなければならない。そして彼女が、そして彼女が愛したNGT48が、これからも活動していけるようにしなければならない。
この点、すでに散々指摘されているが、NGT48運営は多くの間違いを犯した。
事件が明るみになった翌日にステージ上でなんと山口真帆さん本人に謝罪させた。彼女は被害者である。何を謝ることはあろうか。それで“火消し”になると思ったNGT48運営はおかしいと言わざるをえない。
その後もNGT48運営はろくな説明をせず、結局、事件当時の支配人は異動させて、騒動後一度の釈明をすることなく姿を消した。数々の噂に対し否定も肯定もせず。当事者意識がまるでない。


アイドルのスタッフ・事務所・運営はアイドルを守るのが一番の仕事と言っていい。それはこうした事件あるいは事故に際して物理的に守ることのみならず、アイドルが日々健やかに活動できるよう、仕事に専念できるように、本人や周囲のコンディションを整えることも含まれる。


ところが、実際にはアイドル当人を悩ませたり追いつめたりするスタッフ・事務所・運営の話は枚挙にいとまがない。何かトラブルが起こっても、メンバーを守るどころか、自分らの保身や損得を最優先し、時には様々な手段で攻撃したりする。
アイドルはスタッフ・事務所・運営のために存在してるのではない。
逆である。
アイドルのためにスタッフ・事務所・運営が存在してるのである。そのアイドルを粗略にあつかうなど不遜であり、自らの分をわきまえない行為だ。ましてアイドルを攻撃したり追いつめたりするなど、ありえない。あってはならない。


今回のNGT48運営も、真相究明も再発防止もすることなく、事件をうやむやにするつもりだったのだろう。山口さん本人に謝らせたのは、そうすればファンはそれ以上騒がないと思ったからだ。実際、ファンはアイドルに弱い。弱いというか、自分の好きなアイドルがつらく困って頭を下げてれば、それ以上非難することなど、普通できない。
ところが今回は、“その手”が通用しなかった。被害者に謝罪させるというNGT48運営の非常識な行いは多くの批判を浴び、その異常性は海外のメディアでも報じられた。
今回は山口さんが必死にネットでSOSを発したから山口さんが被害者だとわかったが、そうでなければ事件は運営により闇から闇へ葬られてただろう。自分たちの不手際を隠すために。
NGT48を愛する山口さんだってこのような形でNGT48が注目を集めるのは本意ではなかったはずだ。それでもそうせざるを得なかったのは、それだけ追いつめられてたのだろう。本来彼女の力になるべき運営は何もしてくれないどころか事件を隠蔽しようとした。


激しい憤りを感じる。


今望むことは、山口さんが暴行された事件についてその原因を排し、しっかりと再発防止策をし、山口さんとNGT48が安心して活動できる環境を運営がしっかり整え、彼女らが再び笑顔で我々の前に帰ってきてくれることである。
これをキレイゴトとして一笑に付すようでは、日本のアイドルに未来はない。