SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

日本コロムビアのアイドルレーベルLabel The GardenのseeDreamから生まれたFlower Notesに詩的なイメージをかき立てられる


Label The Garden自体は気にしててトークイヴェは観に行ったことあったんですがちゃんと歌ってる所観たことなくて先月噴水でようやく観れたんですが、素晴らしい歌ステージでした。グループアイドルの華ことフォーメーションもちゃんと美しくキマってて。Gardenって言うくらいで植物にちなんだ名前を名乗ってまさしく華そのものですが、ヴォーカルは力強くグイグイと心が引き寄せられました。貼っといて言うのもなんですがPV見てイマイチだなって思っても機会があったら歌ステージ観ることをオススメします。ぶっちゃけ俺も軽く確認するくらいの気持ちで観たんですがステージ良かったのでその場でCD買いました。
あいねってぃ(藤井愛願)は見た目ちっちゃかわいくて目立つのでつい気になってしまいます。木村咲彩さんは個人的に親しみを覚えます笑。
デビューシングル「恋花」は想像力をかき立てられる歌詞とドラマティックなメロディが好きです「夢を糧にして咲いた花が 月夜の下で薫るよ 永遠に」いいねえ。他にCD収録曲の中では「ライラック」が特に好きです。出だしからやばい2秒でわかる名曲系。