SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

GALETTe・Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)・東京女子流が出演した「J-GIRL POP WAVE -LIVE 20150222-」を観てきました



Zeppルーシアター六本木にて2月22日17時から開催された「J-GIRL POP WAVE -LIVE 20150222-」を観てきました。


Zeppルーシアター六本木ははじめて入りましたが、全席指定でキャパ901のわりにステージがそれほど遠く感じなくてよく見えると思いました。が、はじまってみたらそこまで視界良くなかった。


最初はGALETTe。まず四島早紀・ののこ・古森結衣の3人で「Brand-New Style」、その後自己紹介で期間限定サポートメンバーの藤田あかり(Party Rockets)を呼び込んで、4人で新曲を歌ったり。サポートメンバーっていうとアレですかね、THE ALFEEのキーボードとドラムとかglobeのYOSHIKIとかそんな感じでしょうか。その後も藤田あかりさんは出たり入ったりしながら、最後の曲「じゃじゃ馬と呼ばないで」も3人で。古森結衣さんがちっちゃい体で一生懸命やっててかわいらしいかったです。なんだかんだ言って古森結衣さんが一番アイドル感高いのかなと思いました。あとなんかGALETTeの時は音響の調子が悪いのか声が聞きにくかったりオケが何度も跳んだりしててちょっとかわいそうでした。


Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)。アルバム「circle of the world」の衣装で登場。曲目は以下。
かなでし●´□`)ノ3組で‼|ドロシーリトルハッピーオフィシャルブログ Powered by Ameba

1.2 the sky
2.ストーリー
3.singing
4.それは小さな空だった
5.シークレット
6.My Darling
7.恋は走りだした
8.Life goes on

「singing」と「それは小さな空だった」は逆だった気もしますがそれはそれとして、この2曲がグッときて泣けました。泣けるって軽々しく使われるフレーズですけど私わりとマジで涙流れそうでしたからね。ドロシーのライヴはそういうことがしばしばあります。いわゆるバックストーリーとかじゃなくてステージだけで感動して泣きそうです。「singing」は最後のところで腕を左右に振ったり親指を小指を立ててハートを描くように手を振ったりしてて、わーい会いたかったみたいだ〜本当にみなさんに会いたかった〜とか脳内で言ってました。会いたかったは親指と人差し指と小指ですけどね。「恋は走りだした」は広いステージを存分に使ってて、後ろのほうの席で観ていた私も気持ちが盛り上がるようでした。最後の「Life goes on」でまた泣きそうになったり(俺が)。あと秋元瑠海さんの髪のなびき方がかっこよかったり、MCで白戸佳奈さんがフィフスアニバーサリーイヤーを微妙に言えてなかったりしてかわいかったり。


東京女子流。ここまでの二組では全くと言っていいほど光モノ(サイリウムとかペンライトとか)が見えずに、今日光モノ禁止だったっけ?って思うほどだったんですが、女子流の番になったらわらわらとあちこちでペンライト光り始めて、やばい!今日は女子流がマジョリティや!そもそもこれS竹さんの企画だった!とか勝手に思いました笑。そういうことなのかどうなのかそういえばメンバー自己紹介してませんでしたね。
最初は十字架マント被って登場からの「十字架〜映画『学校の怪談 -呪いの言霊-』Ver.〜」からの「Killing Me Softly」で俺得セットリスト。「Regret.」〜「Count Three」〜「existence」の流れもかっこよくてシビれました。MCで、あと残り4曲になりました〜って言ってて客も一応え〜って言うんだけどわりと多くね?みたいな反応になって中江友梨さんのトークさばきが冴えてました。中江友梨さん他にも客いじりとか弁舌軽やかでたぶん数年後には毒蝮三太夫並になってるんじゃないかと思いました。最後の4曲は笑顔で歌える曲。やっぱり笑顔が素敵だなと思いました。久々に肉眼で確認した新井ひとみさんは、さらに人形感アップしてて人智を超える感増してましたが、笑顔になるとやっぱり人間味あふれてました。「A New Departure」やっぱりSweetS感あるってか「Never ending story」思い出すんですけどそのへん松井寛センセ的にどうなんでしょうか笑。
曲目は公式ツイッターを参考に以下に書き出し。
1. 十字架 -Movie ver.-
2. Killing Me Softly
3. Say long goodbye
4. Regret.
5. Count Three
6. existence
7. きっと 忘れない、、、
8. ふたりきり
9. ヒマワリと星屑
10. A New Departure


最後は女子流が他の二組を呼び込んでの軽くトーク。庄司芽生さん進行で、各組ひとりずつコメントしたのですが、最初に指名された古森結衣さんの挙動が軽く可笑しくていろいろ全部もってった感がありました。古森結衣さんこういう場所では強そう。最後におどけて、私だけでも覚えてくださ〜いいって挨拶したら、中江友梨さんだったかが絶対忘れなさそうですよね的なこと言って、古森結衣さんがいやそれ軽くディスってますよとか返してて楽しかったです。あと高橋麻里さんが、女子流さんが裏で「sky traveler」口ずさんでたのがうれしかった的なイイ話など。


終演後の特典会ではドロシーだけ極端に列が長くてみんな忠誠心高いなと思いました笑。




なお、J-GIRL POP WAVEの公式サイトでは動画も少し公開されています。
J-GIRL POP WAVE
ってか、あらためて公式サイト見たら、

J-GIRL POP WAVEとは
アーティストを志向し、良質な音楽とライブパフォーマンスを届け、J-GIRL POPの新しいシーンを作って行こうとする女性グループ*個人の集合体。

アーティスト志向だったんか!マジかよ切腹するわ。