SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

AKB48握手会事件報道の欺瞞

AKB48の握手会で起きた事件は、様々なメディアで大きく報道されました。また、他のアイドルイヴェントでも握手会が中止になったり、形式を変更したり、警戒が強化されるなどの対応が相次ぎました。
曰く「アイドルを守れ」と。


アイドル本人の安全が第一なのは言うまでもありませんから、あのような事件があれば対策が必要なのは当然です。CD売るために多くの未成年を含む女の子に朝から晩まで握手させるようなビジネスモデルについてはほとんど言及がなかったようですが。


今回の事件がセンセーショナルに報道される一方で、やはりアイドルたちが心身ともに犠牲になりながら、ほとんど報道されないような事件もあります。
それはテレビ番組等の制作時に起こった事件です。


当サイトでもAKB48の木崎ゆりあさんが番組収録で骨折した件について取り上げましたが、他にも、テレビ番組収録中にアイドル7人がセメント事故で活動中止に追いやられた件も記憶に新しいところでしょう。番組収録中にアイドルが顔面骨折した事件もありました。
いつも報道は一瞬ですからすぐ忘れられてしまいますが、テレビ番組収録での事故はあとを経ちません。
こうした時、ファンは心配でたまらないのは言うまでもありませんが、どういうわけか「アイドルを守れ!」という声はほとんど聞こえてきません。特に、AKB握手会事件の時にメディアで握手会についてああだこうだと語ってたような高名な方々が、こうした事故について言及しているのは、寡聞にして存じません。


テレビ番組の収録ですよね。周囲の人はみんなプロですよね。仕事でやってるんですよね。それでも事故がたびたび起こるんですよね。それこそ再発防止に万全を期す必要があるんじゃないんですか?対策やってるんですか?対策やってもこんなに度々起こるならそれ役になってないじゃないですか。アイドル守れてないじゃないですか。
にもかかわらず、メディアではほとんど問題視されない。まあ身内の恥ですからなあなあにしてるんでしょうけど。その一方で、何年も続いてきて何万人も来た来場者のたった一人の不心得者が起こした事件については、天地がひっくり返ったように騒ぎ立てる。なんすかこれ。誰が悪いって事件起こした奴が悪いに決まってるじゃないですか。


繰り返し言いますけど、アイドルの安全が第一ですよ!あたりまえじゃないですか。
しかし、度々起こる番組収録中の事故についてはだんまりで、AKB48の(骨折とかは無視して)握手会の事件だけ大きく騒ぎ立てるのは非っ常〜に違和感ありますね!
そんなんでいわゆる有識者の皆さんが「アイドルを守れ!」とか言ってても空空しいですよ。
テレビ局はまず、自分のところの番組で怪我人出さないことから始めたらどうですか。


【関連記事】
繰り返されるバラエティ番組での事故 - SKiCCO REPORT
「優越的地位の濫用」とは - SKiCCO REPORT
「バラエティ番組」狂いがアイドルに死を招く - SKiCCO REPORT


Amazon特別プロモーション