SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

「時計の針は元には戻らない。だが自らの手で進めることはできる」

ここ数日、ネット上でちらほら「メディア主導アイドルの時代は終わった」といった意見が散見されたので、このへんにメモっておきます。


何きっかけかはわからないんですけどね。
「メディアが主導し作り上げるアイドルは今後は生まれないだろう」
「もうファンをだまし続けることはできない」
こういった意見をちょいちょい見かけたんですよ。ここ数日。
特に異論はないです。ってか、私がずっと言い続けてきたことなんで。
正確には、私は20年以上前からメディアに依存しないアイドルの成立を強く願望し、10年以上前から時計の針を我々(アイドルファン)の手で進めようと言ってきました。
それは、ファンの側がメディアに依存しない事で、成立することです。昭和でも20世紀でもない、アイドルの側もファンの側もデジタルネイティヴとなりつつあるこれからの時代は、そうあってほしいし、そうでなくてはならないと強く願うのです。


ってか、何きっかけでこの話題出てきたんでしょうね。ホント。


【関連記事】
アイドル大航海時代〜ネットの海から新天地へ〜 - SKiCCO REPORT


Amazon特別プロモーション