SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

NHKが開発した触った感覚を伝達できるシステムでエア握手会実現に一歩近づく

NHKが、東京大学と共同で、物体の硬さの触感覚も伝達できるシステムを開発したと発表しました。5月29日から6月1日までNHK放送技術研究所にて開催される「技研公開2014」で展示されます。


NHKでは物の形状や触った感覚を再現する「触・力覚ディスプレー」の研究を進めていました。今回、東京大学が新たに開発した物の形状と硬さの両方の分布を測定できる装置と、NHKの「触・力覚ディスプレー」を用いて、形状だけでなく硬さの違いも分かりやすく再現できるシステムを実現したということです。
展示項目15 立体や図を伝える触覚提示技術 | NHK技研公開2014 〜ココロ動かすテクノロジー〜
仮想的な映像を映し出すことと合わせ、食べ物や生き物などの視覚だけでは伝えられない触感覚を伝達できる情報サービスが実現する可能性もあるということです。


またNHKでは、全てのテレビ技術者の夢とも言われる[要出典]眼鏡なし立体テレビの開発にも長年取り組んでおります。
展示項目9 インテグラル立体テレビ | NHK技研公開2014 〜ココロ動かすテクノロジー〜
これと合わせるとまさしくエア握手会とか実現できるんじゃないっすかね!
それが楽しいかどうかはよくわかりませんが。


【関連リンク】
NHK技研公開2014 〜ココロ動かすテクノロジー〜