SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

後楽園ラクーアで開催されたDorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)「STARTING OVER」リリースイヴェントに行ってきました


https://twitter.com/DLH_Staff/status/438630238763753472


Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)が、ニューアルバム「STARTING OVER」のリリースイヴェントを、2月26日18時から東京ドームシティラクーアガーデンステージで開催しました。


この日も7曲満足ライヴ+アンコール1曲。
「2 the sky」、「COLD BLUE」、「ASIAN STONE」、「ストーリー」、「恋は走りだした」、「CLAP! CLAP! CLAP!」、「STARTING OVER」、そしてアンコールで「明日は晴れるよ」を歌いました。


「2 the sky」から始まったわけですが、この曲の最初のポーズが、脚を開いて上体を前のめりにして片腕を入れるという忍者が見参したようなポーズで1曲目的にカッコイイと思いました。
「ASIAN STONE」では、普段Bメロで両手を使って踊る、というか舞うまりちゃん(高橋麻里)が、マイクを体に付けて踊っていました。変更したんでしょうかね。
「ストーリー」はミュージカルみたいな曲と形容されますが、この曲のまりちゃんはまるで少女マンガの主人公みたいにキラキラしてて素敵だなあと思いました。
「ASIAN STONE」からは4曲連続で歌いましたが、「恋は走りだした」から「CLAP! CLAP! CLAP!」を連続で歌った時は、ここが大声出しても大丈夫な会場だということもあってとても大きなワクワク感を覚えました。「恋は走りだした」の疾走感と、「CLAP! CLAP! CLAP!」のお祭り感もいい塩梅でした。


ラクーアでリリイヴェを行うのはシングル「ASIAN STONE」の時以来だという事でしたが、その時は台風が頻繁に来ている時期でラクーアで開催できるか心配だったけど、ちょうど台風の来る合間にリリースイヴェントを実施できて、まさしく「ASIAN STONE」の歌詞のようだったという事をかなでし(白戸佳奈)が話していました。
また、このアルバム「STARTING OVER」についてはとにかく自信作でみなさんに早く聴いて欲しい、リリース日を無事迎えられた事を幸せに思うと言っていました。世の中にはリリース日を“無事に”迎えられない事もあるとドロシーのメンバーはよく知っている事を思うと、定型文のような“無事この日を迎えられた”という表現にも重みを感じます。
タイトルチューン「STARTING OVER」については、これからもずっと歌い続けていきたいし、みなさんにとっても心に残る曲のひとつであってほしいという話もしていました。


ドロシーのニューアルバム「STARTING OVER」のリリースイヴェントは、日曜日まで毎日首都圏で行われます。