SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)がお台場ヴィーナスフォート教会広場でミニライヴを開催


こうして見上げると十二宮感ありますね。


Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)が2月26日に発売するニューアルバム「STARTING OVER」のリリースイベント(予約イヴェント)を、2月7日18時半からヴィーナスフォート教会広場で実施しました。


開始時間直前にリハーサルを行った後、本番スタート。今日はアルバムのジャケ写衣装です。
中央の扉から登場し、ニューアルバムのタイトルチューン「STARTING OVER」を歌い上げました。ミディアムテンポの曲なので1曲目にふさわしいとまでは言えないのですが、そうしたセオリーなどどうでもよくなるほどに圧巻でした。教会広場という会場や中央の扉から出てくるというシチュエーションともあいまって、とても印象深かったです。
この日は他に「恋をしてるの きっと」、「永遠になれ」、「COLD BLUE」、「恋は走り出した」、「ASIAN STONE」、アンコールで「2 the sky」を歌いました。
「永遠になれ」は、会場の雰囲気に合わせての選曲ということでしたがまさしくふさわしい選曲で、私は溢れ出る感動を抑えるために手をぐっと握りしめ、それでも溢れてきて涙が出そうになりました。
続いて「COLD BLUE」と「恋は走り出した」を歌ったのですが、全くタイプの違う3曲を連続でかつ違和感なく歌い踊るのが素敵だなあとあらためて感じました。特にまりちゃんは(高橋麻里)はどんな曲でもその曲に合わせて自分を変幻自在に変えられるというか、以前も書いたかもしれませんが、その歌声はまるで魔法のようです(実際は日々の努力と鍛錬の賜物なのでしょうが)。今日歌った中では「STARTING OVER」と「ASIAN STONE」が好きです。
かなでし(白戸佳奈)が間奏でセンターにポジショニングしてから2番を歌い出す曲があるのですが、その歌い始める前の表情が自信に満ち溢れていてとてもカッコよかったです。
「恋は走り出した」は、歌う前の立ち位置で曲目がわかるので(いわゆる「こ、このフォーメーションは!」状態)曲が始まるのを待たずに会場の空気が一気に盛り上がります。この曲はるーちゃん(秋元瑠海)ソロパートの歌声が本当にいい感じでした。
ドロシーのメンバーは以前に、メインヴォーカルのまりちゃんやリーダーのかなでしに頼ってばかりじゃなく、若手3人のレベルアップこそがドロシー全体のレベルアップには必要だ、という意味の事を言っていた記憶があります。みもりん(富永美杜)の歌声も力強くなり、こうみん(早坂香美)も今日で言えば「2 the sky」が印象的でしたが、どの曲でも表情というか表現力というか最近の印象で言えば目で訴える力がすごく強くなってて(以前は目力と言えばみもりんといった印象でした)、まさしく五つの力を一つに合わせてのドロシーリトルハッピーだなあ感を強くしました。
こうみんと言えば、自己紹介ですんげえうれしそうに「はなきん〜」って言ってたのが微笑ましかったです。花の金曜日(ウィークエンド)匂いもファンキーナイトって感じでしょうか。


ニューアルバム「STARTING OVER」のリリースイベント(予約イヴェント)は、今月これからも多数予定されています。