SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

ブルーレイディスクの合法的リッピングが可能になるかもしれないというお話

ブルーレイディスクの次世代企画「UHD Blu-ray」では、合法的リッピングが可能になる「BD Bridge」なる仕組みが採用され、次世代ブルーレイだけではなく、現行のブルーレイディスクリッピングが合法的にできるようになる、かもしれないというお話が出ています。


【本田雅一のAVTrends】“既存Blu-ray”もリッピング可能に。規格化が進む4K対応Blu-rayの意外な一面 - AV Watch

 BD Bridge対応機器を用いると、すでに発売済みのものを含め、市販ソフトに収録された映像を取り出し、HDD、フラッシュメモリ、情報端末などに合法的なコピーが行なえる。

 BD Bridge対応機器を用い、Bridge機能でリッピングを指示すると、ライツロッカー(著作権管理サーバー)への照会を行ない、制限される回数以下であれば、手元にあるBD Bridge対応HDDやメモリに映像が、そのままの品質で複製できる。


しかもこの仕組は、20世紀フォックスやワーナーブラザースといった映画会社のほうが乗り気だということです。これまで私的複製を頑なに拒んできた映画会社ですが、スマートフォンタブレット端末での視聴のユーザーニーズ、hulu等のストリーミング型サービスの普及、といった環境の変化を前向きに受け入れたということでしょうか。


今後、「UHD Blu-ray」や「BD Bridge」の詳細は詰めるということですが、“ただし日本を除く”にならないことを願うばかりです。


家電&カメラ