SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

今年のドロシー集大成「Dorothy Little Happy Live 2013 in Winter」に行ってきました


誓いの旗!(横断幕です)


Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)ライヴツアー「Dorothy Little Happy Live 2013 in Winter」の最終公演が、12月30日18時から川崎クラブチッタで行われました。


先に感想を書くと……本当に素晴らしかったです。一人ひとりの良さを失わないまま、五つの力を一つに合わせてる、そんなステージでした。
幕が上がってから最後まで、ものすごく綺麗に流れていて、奇をてらわずにそれでいてステージに釘付けになるような構成で、2時間以上の公演はあっという間に感じられました。まさに今年のドロシー集大成という感じでした。ニューアルバムからの新曲もとても惹きつけられました。
私はわりと後ろのほうで観ていたのですが、疎外感を感じることは全くなく、それどころかメンバーと目が合ったような気が何度もしました。これは、メンバーの意識がちゃんと会場全体に行き渡っていた事なんだと思います。ドロシー史上最大級の会場でしたが、ステージもオーディエンスも完全に5人が支配してました。
繰り返しになりますが、素晴らしいとしか言いようがなかったです。それ以上の言葉を細かく重ねるのは屋上屋を架すようなものですが、だからといって何も書かないではレポにならんので(笑)私の出来る限りで書いていきます。


OPSEが流れる中、ステージの幕が上がると(比喩ではなく今回は本当に幕がありました)、5つ用意されたお立ち台というか小さめのステージにメンバーが白衣装でスタンバってました。
全てのはじまり「ジャンプ!」から、るーちゃん(秋元瑠海)メインっぽかった「恋は走りだした」、こうみん(早坂香美)のラップが印象強い「2 the sky」、「恋をしてるの きっと」「ソウル17」と続きます。
自己紹介を挟んで、お立ち台を使って「部屋とパジャマと私」、「set yourself free」。
冬の曲をということで「永遠になれ」、「Winter Blossom〜冬の桜〜」このへんの流れは本当に綺麗というか華麗でした。
まりちゃん(高橋麻里)とるーちゃんが退場しお着替えタイム。みもりん(富永美杜)かなちゃん(白戸佳奈)こうみんで2013年前半を振り返りトーク。後半は着替え終わったまりるーで振り返りトークなのですが、やたらコミカルというか、るーちゃんよりまりちゃんがボケボケで、可笑しかったです。なんか和みました。
衣装替えも終わり、今年を振り返るという意味で「Life goes on」、「colorful life」、「ASIAN STONE」こうしてあらためて連続で歌われると、今年ドロシーと過ごした日々のことが思い出されます。
ライヴも後半、ガッツリ盛り上がれる曲ということで「CLAP!CLAP!CLAP!」、「GET YOU」、「nerve」、「諦めないで」、「COLD BLUE」、そして、オレモー納めの「デモサヨナラ」。
本編最後は、今回初披露となる「STARTING OVER」。
アンコールでは、「未来へ」、そしてこれまた新曲「明日は晴れるよ」。
この段階で帰り支度を始めたお客さんもいましたが、客電が点かないので再度アンコール。
ダブルアンコールは「未来への虹」で盛り上がって終わりました。普段はお行儀がいいドロシーちゃんですが、この時のはじけっぷりは実に楽しそうでした。るーちゃんは感極まったのか泣いており、まりちゃんに肩を抱かれてました。
幕が下りる中、ドロシーちゃんは最後までオーディエンスに手を振っておりました。


ドロシーちゃんを取り巻く環境は今年も、そしておそらく来年も、順風満帆とは言えないでしょう。しかし、あの5人なら、どんな困難も、きっと自らの力で道を切り開いていくだろうと思わせてくれるステージでした。



https://twitter.com/DLH_Staff/status/417653707765866496
たぶん前半の衣装。



https://twitter.com/DLH_Staff/status/414681523179102209
後半の衣装、だと思われます。