SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

早替えや新カヴァーも披露された前田彩里ソロライブ「いろいろvol.4」に行ってきました


いろりんこと前田彩里さんの定例ライヴ「いろいろvol.4」が、4月9日19時30分からTwinBoxAKIHABARAにて開催されたので行ってきました。

1曲目「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」(H.P.オールスターズ)からスタート。原曲では大人数で歌ってるのですが、いろりんは一人で、あたかも自分の持ち歌のように余裕で(手を抜いているという意味では決して無い)歌ってて、華麗なステップや歌声や笑顔はもちろんですが、とにかく一人で一瞬で場を自分のものにしてしまうあたりは、アイドルとしての底知れぬ力を思わせます。

自己紹介をはさみ、元気な「わっきゃない(Z)」(℃-ute)、シリアスな「好きよ、純情反抗期。」(スマイレージ)と連続で歌い、誤解を恐れずに言えばジェットコースターみたいな楽しさです。

MCでは、高校合格の報告を。「大人っぽくなりましたか?」の問いに客側から「全然」の声(笑)。今は少しでも大人っぽく見られたい時期とのこと。

続いて、「One Love」(嵐)、「ショートカット」(スマイレージ)、「Believe」(Folder5)を歌いました。「One Love」と「Believe」は初カヴァーということで、曲に対する想いも語ってくれました。また、「Believe」は本日の客層には馴染みがないらしく(汗)最初はノリがいまいちでしたが、いろりんの煽りに皆すっかりのせられて結局大盛り上がりでした。

一転して「100回のKISS」(松浦亜弥)を熱唱、その後は「初恋サイダー」(Buono!)、「世界一HAPPYな女の子」(℃-ute)を歌いました。今回に限ったことではないのですが、いろりんは本人楽しそうにしつつも、ステージ上では安定した歌やダンスを披露するあたり、言葉が適切かどうかわかりませんが、“クラスを超えた実力”を感じます。

「いよいよラストスパートです!みんなまだ汗かいてないでしょ」と煽りつつ、「都会っ子 純情」(℃-ute)を歌い出しますが、最初のセリフが終わった所でなんと早替えで衣装チェンジ!

いろりんのライヴは毎回新しくなる衣装も楽しみですが、早替えははじめてだけにインパクトありました。続いて「笑顔に涙〜THANK YOU! DEAR MY FRIENDS〜」(松浦亜弥)を歌って、本編は終了。

アンコールは、いろりんのライヴではもはや定番の「夢見る 15歳」(スマイレージ)、そして本当に最後の曲「スキちゃん」(スマイレージ)では、客側の“いろりがスキちゃん”コールが大爆発で、いろりんもご満悦(笑)でした。

いろりんのライヴが楽しいのは毎回のことですが、それが、いろりんがステージに登場した瞬間から終わるまでずっと続くというのは、本当に素晴らしいと思います。カヴァー曲はハロプロが中心ですが、あまりハロプロに詳しくない私でも楽しめてしまうというのが、まさしくいろりんの力だと思います。今回は早替えにも挑戦したり、今後も新機軸含め、とても楽しみです。
セットリストだけ見るとハロプロ詳しくないと楽しめないように見えるかもしれませんが、そんなことは決して無いので、ぜひ一人でも多くの人にいろりんのライヴを体験して欲しいです。


【関連リンク】
前田彩里の☆いろりんブログ☆
いろりんのお知らせ