読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

坂本サトル氏がドロシーを語る「もはや親子という感じはなく、同じ職場の先輩と後輩」

Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)のツアーファイナル終演後に流された6月12日発売の新曲「どこか連れていって」は坂本サトル氏がサウンドプロデュースを担当。
その、ドロシー生みの親とも言える坂本サトル氏が、一時期ドロシーから離れ、そして再度取り組んだ時の話題をブログで公開しています。

親子から先輩後輩へ|坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba
この中で坂本氏は「途中、しばらく制作からはずれていた時期があったこともあって、今は以前よりも客観的に彼女たちを見れるようになった。関係ももはや親子という感じはなく、同じ職場の先輩と後輩、という感じ。」とし、今回の新曲レコーディングについても「歌詞や歌い回しに積極的に意見やアイディアを出してきて、正直驚いてしまった。もっと驚いたのはそれがちゃんと的を射ていたことだ」としています。
ツアーファイナルの感想も綴っています。

今回のツアーファイナルでの圧巻のパフォーマンス。
「プロフェッショナルになった」というのが率直な感想。
「私達はここまで来たんだからもっとすごい曲を書いて」という宿題をもらった気もした。
了解!気合い入った!

あくまで想像ですが、結果として、ドロシーが坂本サトル氏以外の楽曲に取り組むことで成長し、それがまた坂本サトル氏の創作意欲を刺激したということでしょうか。
これからのドロシーもより一段と楽しみになりました。

6月12日発売のDorothy Little Happyの新曲「どこか連れていって」は、東北Honda CarsのTVCMソングに決定しており、4月13日からオンエアされる予定です。