SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

Nゼロが北区ちびっ子フェスタに登場してミニライヴ


※Nゼロ数々の戦歴が一目でわかるようになっています


北区商店街連合会主催の北区ちびっ子フェスタにNゼロ(元AKBN 0)が出演し、ミニライヴ等をおこないました。


東スポにキャバクラ呼ばわりされたり、その抗議に東京スポーツ新聞社へ乗り込んだりと、相変わらず話題の尽きないNゼロですが、この日はとても健全なイヴェントに出演です。
会場は王子北とぴあ地下展示場。主催が北区商店街ということもあってが、いかにも公営のお祭り感がありました。


ミニライヴステージは13時30分から行われました。
今日の出演メンバーは、吉川コトノンことの、安原サニー芽生、椎名リホリン理穂、赤松ミオミオ美音、高山りぱぽ莉沙、芳澤ルンルン月、米澤リッタン璃子、稲葉スカーレット来夢、桜井はるぴょん陽菜、長谷川めいちょりん芽依、板橋ゆーみん優美、加藤ゆりりん友理奈
正直、しばらく見ない間に新しいメンバーが増えましたが、この一見あほらしいミドルネームは、初見の人に覚えてもらうのに有効なんだなと気づきました。
あと自己紹介を聞いてたら、教育課程終えた人とか、実家が幼稚園の人とか、保育士めざしてる人とか、前職が保育園の先生とかってメンバーが何人もいて、ああなるほどと思う部分がありました。
ミニライヴでは“楽曲の良さで勝負”と言ってオリジナル曲「AKABANE 0 ガール」「純情サテライト」「Let's get all !」を披露したり、ファミリー客にも親しみやすいようにとAKBメドレー(大声ダイヤモンドフライングゲットギンガムチェック)を披露しました。メドレーのつなぎ方が、ミュージックステーションスペシャルメドレーよりはメドレーらしいと思いました。


なにかとお騒がせのNゼロですが、世の中何が起こっても変じゃないので、これからも活動を慎重に注視していきたい所存です。