SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

JK21の東京定期ライヴ「JK21やねん」に行ってきました

JK21が毎月行なっている東京定期ライヴ「JK21やねん」、3月17日に赤坂GENKIで行われた2回公演のうちの2回目(18:00〜)に行ってきました。
現在のJK21は、宮繁恵梨、田中梨奈、新垣桃菜、竹内星、吉田桂華の5人構成です。今日はゲストとしてLucky Mates(吉田桂華の参加する6人組ユニット)も出演しました。いつも司会をやってるセバスチャン(松竹芸能のお笑い二人組)はお休みだったので、進行はJK21が行いました。


1曲目「I・愛 KANSAI」とともに、かわいらしい衣装で登場。水玉のカラフルなスカートに、上半身は、ララアみたいなふわふわ衣装の半袖。清潔感のある衣装が多いJK21では珍しいかと。キシリア様なら怒るレベルです(笑)。


自己紹介。Lucky Matesもここで自己紹介。お題は好きな球技。他の人とかぶっちゃいけないということで自己紹介があとになるほど苦しい展開に(笑)。ここだけではないのですが、ももな(新垣桃菜)の呆れたようなツッコミがこの日は楽しかったです。


続いてJK21の歌。連続だったのであえて曲名のみ。
「恋愛プロトコル
「天使と悪魔」
「わたここ」
「年上のダーリン」
「失恋ちゅーか」
これを、前の曲の終了ポジションがそのまま次の曲のスターティングポジションになるようにやってるのがJK21の素晴らしさです。何度でも言います。一曲一曲のクオリティに加えて、こうも華麗にノーブレイクで歌い続けられるグループはそうそうないのではないでしょうか。

そしてLucky Matesの衣装に着替えたけいかりん(吉田桂華)とともにトークコーナー。
JK21の5人とLucky Matesの5人(けいかりんはJK21側)でそれぞれ組みをつくり、それぞれのお題ごとに2分間トーク、というもの。お題は季節の風物詩から政治経済までいろいろでしたが、しげさん(宮繁恵梨)の絶妙で鋭いツッコミや、TPPがわからなかったけいかりんがお題の紙を横にして「トロロですよね?」って自信満々に言い放つ機転が素晴らしかったです。けいかりんはお淑やかそうなルックスなのに普通に切り替えしていてそのギャップがなお面白かったです。あと、きゅーりな(田中梨奈)さんは、メンバーがお題を読めなくて困ってるとドヤ顔で読みに行くのですが、そのままわかったフリだけで戻っていくのが面白かったです。


トークコーナー後は、Lucky Matesのみなさんで「言えない Teen-ager」を初披露しました。“ノ・レ・な・い Teen―age”ではありません(^_^;)


Lucky Mates退場し、けいかりんが着替えタイムに入るので、一足早く制服風衣装に着替えたしげさんとあかりん(竹内星)のトーク。もうフレッシュさが失われてしまったと自虐するあかりん。じゃあ私はどうなるの?と問うしげさんに、あかりんの答えは「死体」(笑)。ちなみにしげさんはこの公演をほぼスッピンで出たとのことなので、まだまだフレッシュだと思います(^^)


着替えを終え、じゅんこ(人形)を持って出てきたや他のメンバーもそろい、歌に戻ります。
「Wonder Cafe」
「恋のキセキ」
「vanilla」
「愛して」
「涙目ピースサイン」
これまた、前の曲の終了ポジションがそのまま次の曲のスターティングポジションになるようにやってて、それができない時はちゃんとメンバーが一言曲紹介コメントを入れて、流れが切れないようにしてました。もう何度も見ている光景ですが、何度見ても感動します。


歌い終えて告知が始まるやいなや、しげさんがものすごい勢いで楽屋に戻って、帰ってきたと思ったら「あめちゃん知らん?」次の曲で投げる飴を探してたのですが、さっき急いで出て行った時に忘れてたのを見て、他のメンバーがしげさんのあめちゃんを持ってきてました。それなら言ってくれというしげさんに、その前に飛び出してったと他のメンバー。コントみたいです(笑)。
そのあめちゃんを投げる「GO&GO」、Lucky Mates大阪組の横峯りのんちゃんと川澄由依ちゃんも参加して「happy graduation」は、アウトロでぐるぐるまわって退場。「I・愛 KANSAI」で始まってハピグラで終わるって流れがなんか久しぶりな気がしました。


あらゆる意味で楽しかったです。ステージが素敵なのはいつものことですが、ことアイドルのトークコーナーは、ファンだけが楽しい的なアレになりがちですが、しげさん始め皆さすがに大阪人だけあって(ってのはあまり言わないほうがいいすかね)なんつーかトークのリズムみたいなものが、笑いが笑いを誘う状態で、声出して笑ってばかりいました。ありていに言えば、はじまってから終わるまでとても幸せな時間でした。
あと、けいかりんが美しすぎるので、フォトテクニックデジタル
でもアオハルオンラインでもいいのでグラビア組んで欲しいです(切実)。