SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

T!P、ねがいごと、メグリアイ、リリーズ(AKBN0) 「shinjuku LOFT presents Our Shining IDOL!! 〜いま君に会いたい〜」 新宿ロフト(18:30-)

2ドリンク1,000円で財布にやさしかったし、各出演者の時間も適切で良いイヴェントでした。
T!P(ティップ・栃木アイドルユニット計画)。初見。今日は5人で登場。前田亜美さんに似てる人がいるなあと思いました。
ねがいごと。何度か見てる中では今日が一番良いと思いました。
メグリアイ。かなり前に一度観てるんですが、驚くほど良くなってました。衣装がメジャーデビュー後のスマイレージみたいなブリティッシュ風制服かつトリックアートみたいになっててかっこいいと思いました。一番良い表情だったコが山田渚a.k.a.元N0中森渚さんで、こんな形でメグリアイするとは思ってませんでした(言いたいだけ、笑)。
リリーズはAKBN 0のグループ内ユニットで、大隅トゥインクルりよん、椎名リホリン理穂の二人組。りよんちゃんのN0引退(脱退)が決まっているので、リリーズとしては今日が最後の活動になります。「ももいろパンチ」「ピンキージョーンズ」といったももクロのカヴァー曲がメイン。「ミライボウル」ではりよんちゃんが間奏でブーツ脱いで後半のアクロバットに挑むなどちょっと光GENJIっぽかったです(笑)。N0の「ごめんね☆My Way」も歌いました。個人的に、サビ後の間奏で後ろ向きになった時にりよんちゃんの揺れるツーテールが好きなので、これが見れなくなるのはさみしいなあと思ったり。最後は二人ともブーツを脱いで「行くぜっ!怪盗少女」。全編二人ながらステージを存分に使っての活躍に密度の濃さを感じました。リホリンもぶっちゃけN0のときよりかわいく見えました。
ターンするときとかにより強く感じるのですが、りよんちゃんは、残心と言えばいいのでしょうか、客席に背を向けるときでさえもこちら側に強い印象を残すことができるほどの人なので、なるべく早く活動を再開してくれるといいなあと思います。