SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

LinQ 「東京ワンマン2days〜ム・リ・シ・マ・シ・テ〜」 恵比寿LIQUIDROOM(19:00-)

LinQの東京公演、幸運にも行く事が出来たので行ってきました。
この日の参加メンバーは、秋山ありす、天野なつ、一ノ瀬みく上原あさみ岸田麻佑坂井朝香桜愛美城崎はるな杉本ゆさ高木悠未原直子姫崎愛未瑞稀もえ桃咲まゆ山木彩乃、奥村ゆい、福山果奈舞川あや松村くるみ(公式サイトより)。
これまでLinQのイヴェは何度か観てきましたが、これだけ大勢のメンバーによるステージははじめて観ました。そして、そのメンバーの多さと多様さを存分に活かした公演だと思いました。
初期アー写衣装で登場し、ユニークなナンバー「とんこつこつ」からスタート。

最初からゆうみん(高木悠未)が煽りまくって、プレス記事なら“会場は一気にヒートアップ”とか書きそうです。とにかくゆうみんの存在感が圧倒的だなと思いました。後列に入ると消えて見えるちっちゃいゆうみんが、前列にくると暴れまくっているので、まるで突如現れたかのような不思議な感じを受けました。ガラスの仮面に出てきた“ダッタン人の矢のごとく!”を思い出しました。
他、アルバム収録曲を中心に、おこちゃまチームのQty、お姉さんチームのLadyを上手く使い分けて、飽きさせない展開になってました。「ハジメマシテ」では、1番と2番で歌うチームを分けて、Ladyがメインの2番では伴奏もそれっぽく変化させたり。ツイ廃アイドル一ノ瀬みくさんの歌唱が印象的でした。
途中、ゆうみんがブリッジして曲紹介したり、ゲームコーナーであーたん(坂井朝香)のあーたんな面が見れたりと、緩急もあって楽しめました。
衣装替えも何度かあったのですが、Qtyがさくら果実の衣装で出てきた他、ベスト付きの制服風衣装で出てきたと思ったら、Ladyの皆さんもスカひら制服っぽい衣装で出てきたので、今アイドルっていうとこういう衣装になるのかなあと思いました。まあ奇抜なカッコをされても困りますが(汗)。
最後に歌った「祭りの夜〜君を好きになった日〜」が本当に楽しい曲でした。この曲でもゆうみんの機動性が発揮されて、消えたかと思ったらお祭りハッピ着てステージ中央で暴れていて痛快でした。
私がはじめて見たメンバーの中では、桜愛美さんと山木彩乃さんが印象に残りました。山木彩乃さんは後列にいることが多かったと思うのですが、それにもかかわらず“見逃せない感”を発揮していたと思います。
ふと思えば、SKiもAKBN0もすっかり人数が少なくなってました。これだけの人数でかつメンバーの多様性を活かしたステージができるグループは、このアイドルブームの中でもそうそうは無いのではないでしょうか。それが福岡のローカルアイドル(ということになっている)LinQだと言うのは、とても面白い現象だと感じました。




シアワセのエナジー / 祭りの夜~君を好きになった日~ [Single, Maxi]
LinQ





Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~(+1/限定盤) [Limited Edition]
LinQ