SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

JK21 マンスリー公演「JK21やねん」 赤坂元気劇場(18:00ー)

関西発アイドルユニットJK21の東京マンスリー公演。先日JK21に昇格した竹内星(たけうちあかり)東京お披露目(でもないけど)でもある。

赤坂元気劇場の入り口。だいぶ劇場らしくなってきた。


最初は「I・愛 KANSAI」出だしでじょーじ(城島ゆかり)がコケる、笑。6人で出てきたので6人で歌うのかと思ったら2番であかりんが入ってきた。サビのリフトもあかりんが上がってた。しげさんのポジションにそのまま入るんだね。ブログの写真から受ける印象だとおっとりしたちっこい人だと勝手に思ってたんだけど、実際はガンガン元気に踊る人だった。手足細い。ポニテっぽい髪型も意外だった。今日はおが(小笠原裕子)もポニテで、最近ツーテールの印象が強かったので、新鮮だった。


自己紹介のお題は、あかりんへのアドバイス。番長(碧みさき)がリーダー(じょーじ・城島ゆかり)のリボンを褒めると右肩上がり(何が?笑)って言うもんだから、今日の握手会では褒められまくってた模様、笑。


1部見てないのでなんともだけど、2部は最近の曲が中心だったと思う。曲順とかあやふやだけど「スイパラダンス」「ちゅ!」「年上のダーリン」「青空ワンピース」「わたここ」「天使と悪魔」など。きゅうりな(田中梨奈)がなんか今日は優しいように感じた。


着替えタイムを利用したMCではあかりんコーナー。あかりんが自分に関する問題を出して、他のメンバーが答える形式。JK21に入っての夢、というお題で、正解は「紅白(歌合戦出場)」だったんだけど、メンバーは普通すぎるみたいなリアクションしてた、笑。あとなにかにつけてあゆみん(松田歩実)がいじられてて面白かった。


制服っぽい衣装から、コートつーかふわふわしたチェックの衣装にチェンジ。これかわいかった。
「Wonder cafe」では、あかりんとももな(新垣桃菜)が同じマイクスタンドを使うんだけど、しげさんの頃からマイクスタンドの高さが微妙に合わなくて、今回はあかりんが少しだけ膝曲げて対応してたのがかわいかった。


「happy graduation -2nd Ver.-」はアウトロがあっさりしてたり振り付けが変更されてたりで、賛否両論なんだけど、このヴァージョンの場合だと、必ずしも最後に歌う必要がないんだなあ、セットリストの自由度が上がったのかあ、とか思ってた。
「恋のキセキ」「涙目ピースサイン」で終わりかと思ったら、「happygraduation」(旧)が始まった、笑。振り付けも旧バージョンで、間奏のおしくらまんじゅう?も健在だった。2番終わりの間奏で、番長がメンバーの名前叫んでメンバーがポーズ決めるの好きだったので、久々に見れて嬉しかった。


JK21と言えば、前の曲終わりのポジションを次の曲の立ち位置にすることでスムーズにするのをやってる数少ないグループなんだけど、今回は暗転が多かった気がした。まああんまりこだわりすぎるとセットリストが固定化せざるを得ないから、そこは塩梅なんだろうけど。でも暗転から明るくなって「恋のキセキ」の最初の状態になってるのはやっぱりかっこ良かった。