SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

俺大賞2011

どっかのギョーカイ人やらが談合して決めた賞に興味はないので、俺は俺の好きな曲を挙げていく。みんながみんなそれぞれ好きなものは好きと声を大にして勧めればいいのさ!気に入らなければ叩くのさ!それがMORALさ!


今年聴きまくった、強い印象があった、そのアイドルを代表するような曲を、選んでみた。順不同で。



ももいろクローバーChai Maxx



ミライボウル/Chai Maxx
ももいろクローバー
CD (2011/3/9)




Dorothy Little Happy「デモサヨナラ」(ミニアルバム「デモサヨナラ」収録)



デモサヨナラ2012
DOROTHY LITTLE HAPPY
CD (2012/1/11)




制服向上委員会「うちまたブギー」



うちまたブギー [Original Recording]
制服向上委員会
オリジナル盤発売日: 2011/4/1




JK21「恋のキセキ」



恋のキセキ [Single, Maxi]
JK21
CD (2011/4/20)




東京女子流「Attack Hyper Beat POP」(アルバム「鼓動の秘密」収録)



鼓動の秘密(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]
東京女子流
CD (2011/5/4)




Chai Maxx」はイントロ流れた瞬間に名曲って確信したの覚えてる。ギャーン!一発で決まりだろこれ。ビートルズの「A Hard Day's Night」か「Chai Maxx」かってくらいに。これ歌詞も好きなんだよね。最近は説明過剰な歌詞が多いけど、ダサくならないギリギリのところにももクロももクロたるフレーズがぎっしり詰まってる。
「デモサヨナラ」は、泣けるのと盛り上がるのと両方の感情が湧き上がる曲。トラディショナルなオレモーコールがまさかこんな形で復活すると思わなかった。ひとつ気になるのは、坂本サトル先生はオレモーコールをどう思ってるのか。してやったりなのか、予想もしなかったのか。アイドルオタクがバカですいません(笑)。
「うちまたブギー」は本当に聴きまくった。脱原発ばっか騒がれるSKi界隈だけど、本来SKiがもつ、のほほんさ、シニカルさ、アイドルらしさを1曲で伝えてるので好き。まあ単純に聴きまくった。エビ中の現場にいた若い客もうちまたブギー好きって言ってたから、この曲もっといろんな人に知ってほしい。
「恋のキセキ」は、奇をてらった者勝ちになりがちな昨今では、今時珍しいほど正面からアイドルポップスの良さを伝えてると思う。JK21はそういう曲多い。我々が評価しなくて誰が評価するんだ。
「Attack Hyper Beat POP」はクアトロで聴いた時のインパクトがすごかったなあ。女子流でインパクトの話しだすとキリがないし、複雑なのがカッコイイ的な自称音楽通どもはこういうカラオケチューン嫌いかもだけど、単純にアガるっていうプリミティブな音楽の楽しさを伝えてるって意味では、女子流のコンセプトにも合ってると思う。
JK21東京女子流は、これが代表曲かって言うと異論もあるだろうけど、この2グループは特に良曲揃いアンド幅広くて、思い入れとか考えだすと1曲に絞れなかったので、単純に聴いた回数が多い曲にした。


それにしても、近年こんなに選ぶのに苦労した年はないんじゃないかってくらい、たくさんのアイドルがイイキョクを出してくれた。このシーンの盛り上がりが一過性でなく定着することを期待したい。まあ冬の時代が来たら来たで準備はできてるけど。


それではみなさん良いお年を。

広告を非表示にする