SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

JK21、制服向上委員会 「ちょっと早いクリスマス JK21×制服向上委員会」 初台TheDOORS(19:00-)

ぶっちゃけ、これ発表された段階で、なんという俺得イヴェント!すげえ楽しみ!とか言いながら指折り数えて楽しみにしてたんだけど、冷静に考えたら、19時はじまりって、21時までには物販込みで全部終わらせなきゃいけない(両グループとも中学生メンバーがいる)んだから本編すげー短いんじゃね?って入場してから気づいた。気づくの遅すぎ。


というわけで急に内容が不安になってきたけど、杞憂だった。
開演時間になって、暗くなって、両グループのメンバーがそろってステージに立った瞬間に、今日は楽しいって確信した。
明るくなったステージに、両グループのメンバー互い違いに立って、JK21メンバーはサンタ衣装、SKiメンバーは制服にサンタ帽、総勢13人、ステージ上にぎっしり、この密度、これで楽しくないわけがない。結局人数かよってツッコミは却下な。
1曲目「赤鼻のトナカイ」!クリスマスソングだ!みんなでクリスマスソングだ!ヒャッホー!JK21とSKiとか俺が好きなグループしかいない!いやそれは始まる前からわかってたけど、実際目にするとシナジー効果想像以上。まさにケミストリー!でたらめな夢を好き勝手ばらまいておもちゃにしていつまでも遊ぶね!
あゆみん(松田歩実)が客の反応が不安になってたみたいだけど、違うんだよ制服客は内なるタカまりを大事にするから見た目わかりにくいだけなんだよ、汗。


SKi側の参加メンバーは、小川杏奈、清水花梨、斎藤美輝、宮野愛沙、藤宮れいか、白石結菜の6人。カトリーヌ香取優花さんは、足の骨にひびが入ってたとのことでお休み。


最初は変わる変わるクリスマスソングを。片方のグループが歌ってる時はもう片方のグループがバックで盛り上げ隊。ああこういうのいいね。こういうのだからこそ一緒にやった感ある。楽しい。スケジュール空いてたからぶち込みました的なジョイントライブはもううんざりなんだよ。
SKi「もろびとこぞりて」、JK21きよしこの夜」、SKi「ジングルベル」、で、次にJK21がSPEEDの「White Love」、イントロ流れると会場も一瞬どよめくレベル。まあSPEEDですら今日ほとんどの出演者は生まれる前の曲なんだよなあ……。


途中からは、それぞれのグループのコーナー。まずはSKi。セットリストはこちらから。
(*^▽^)/ひと足早いクリスマス:制服向上委員会プロデュース オーディションブログ - スタ☆ブロ -

「黒い瞳」
「クルクル・ハンカチーフ」
「涙のエチュード
「ばんざい 万歳」
「うちまたブギー」
「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」

「涙のエチュード」は、半分あーにゃん(宮野愛沙)のソロみたいになってた。あーにゃんはサンタ帽が大きかったのか途中で取ってた。清水花梨さんはサンタ帽なまじ強固につけちゃったら中途半端に外れてやや困ってた、笑。


そしてJK21。「Wonder cafe」「年上のダーリン」「わたここ」「天使と悪魔」「涙目ピースサイン」「happy graduation -2nd Ver.-」


最後に全員でもう1曲くらいあるかと思ったらこれで終わりだった(笑)。欲を言えば最後全体曲欲しかったけど、まあ時間あるからしょうがないよね。
さらに勝手言えば、持ち歌交換とかも見てみたかったな。JK21の「うちまたブギー」対SKiの「恋のキセキ」とか(一例です)。次の機会があればぜひ。


今日は、あーにゃんに手を振ったら手を振り返してくれて、ニコって笑ってくれて、それだけなんだけどすごい嬉しかった。あー、アイドルとファンはこのぐらいの距離がちょうどいいんだよなーとか思い出した。最近また自分のペース見失ってた感あった。気をつけなければ。