SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

JK21 アルバム「JK21やねん」キャンペーン 荻窪新星堂本社地下イベントホール(18:00-)

無銭イヴェントのはずだが、なんか買ってない人いなそうなイキフンだった。俺?買ったよ買ったに決まってるじゃん。ほめて(←うるさい)。


メンバーはサンタ姿で登場。そういや去年はじめてJK21見た時もサンタ衣装だったなあとか思い出した。あのときはまだしげさん(宮繁恵梨)いなかったから、しげさんのサンタ姿始めてみた。普段あれほどアイドル力発揮してるしげさんなのに、サンタ姿が微妙に似合わなくて意外だった。帽子が大きいのか、曲中何度も直してるのはかわいかったけど、笑。ももな(新垣桃菜)とじょーじ(城島ゆかり)がよく似合ってると思った。そういや俺最初に顔と名前覚えたのじょーじだったなとか思い出してた。


曲は「I・愛 KANSAI」からスタート。
自己紹介。しげさんは(雨女で東京来るといつも雨降けど)今日は雨降らせなかったとか、おが(小笠原裕子)は今日のサンタ衣装が今まで一番好きだとか。自己紹介でちゃんと当日の話題するのがいいよね。半袖衣装だけどあったかいみたいなこと言ってた。去年は亀戸でやってたんだもんなあ。
ここから4曲はノーブレイクで。
「涙目ピースサイン」
「年上のダーリン」
「わたここ」
「天使と悪魔」
いつもながら、前の曲の終わりのポーズがそのまま次の曲の開始状態になってるのがかっこよすぎる。
アルバム収録曲の「わたここ」と「天使と悪魔」は初めて聴いた。東京初披露だとか。アルバム曲も安心のクオリティ。特に「天使と悪魔」は、トリッキーで遊び心溢れてるんだけど、ちゃんと楽曲としてのまとまりを維持して、JK21クオリティに仕上がってるのがとても良いと感じた。聴いててワクワクした。
最後は「happy graduation -2nd Ver.-」。


その後、アルバム購入者特典のサイン会等やって終了。イヴェントは終始まったりと進行しました。平和が一番ですなあ。




JK21やねん(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]
JK21 | 形式: CD (2011/12/14)






JK21やねん
JK21 | 形式: CD (2011/12/14)