SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー) 「Dorothy Little Happy新曲予約キャンペーン」 HMV大宮ロフト(18:00-)

体調悪かったけど来れたので来てみた。
図らずも同じ場所で2日連続イヴェントを見ることになったが、昨日とは大違い!すごい人!……って書こうとしたらそんなに変わらなかった。まあ今日のほうがお客さんは若いけど、笑。


時間になってオフィシャルバックダンサーの二人が登場。「ななせ」と「ののか」って言ってた。
「「「さいたま行ってきました!」」」|STEP ONE girls blog
前説の後、ドロシー登場。この衣装かな。とても素敵。
変な話、ドロシーが登場するといつも驚く。目の前の光景が現実なのか信じられないようなヘンテコな気分になる。そのぐらい、なんつーか、非現実感というか非日常的な存在感がある。で、曲が始まると、間違いなく現実だってわかって、幸せな気持ちでいっぱいになる。体調悪いのもドロシー観てる間は忘れてた。


曲。
「ソウル17」ブルータルな曲でお客さんがPPPHやるとなんか面白いって感じだ。
「Winter blossom 〜冬の桜〜」曲紹介の時、題名の<ウィンターブロッサム><ふゆのさくら>は言う順番間違えたらいけないって言ってた。
普通の自己紹介ののち、
「HAPPY DAYS!」「never stop again!」来年出るシングルから2曲。初めて聴いた。ダンス激しい。なんというか今風な印象。どっちの曲だったかが速いビートで、みんな4拍で拳あげてたんだけど、まりちゃんだけ8拍でやりたそうだった。
最後に、
「デモサヨナラ」前々から気になってるんだけど、坂本サトル先生はオレモーコールをどう思ってるんだろうか、笑。
告知の時、佳奈ちゃんが「1月11日発売」って言えずに何度も噛んでたんだけど、「1が並んでるから」って言い訳がかわいかった。かっわいいなあ〜。今日の佳奈ちゃんはおだんごじゃなかったけど、おだんごあってもなくてもかわいい。るうなさんに突っ込まれて屈辱そうだった、笑。
美杜のルックスの完成度が高すぎで見とれるほどなんだけど、それが、踊りだすとまた違った輝きを放って、次から次へと魅力的な表情を見せて、こういうのを底知れない魅力って言うのかなあとか思った。
こうみんさんの姿を見ると安心する。控えめな笑顔になごむ。目が合うと照れる。俺が。


ステージ終わったら体調悪いことを思い出したので帰宅。


今日はだいたい見れたけど、ドロシーもすぐ売れちゃうっていうか、すぐお客さんいっぱいになって、俺みたいな根無し草は見れなくなっちゃうんだろうなあって気がした。
まあ、それでいいというか、こんなに楽しい素晴らしいステージを演るコたちは認められるべきだし、我々は認めるべき。


<関連>
地方アイドルの勃興が示すパラダイムシフト - SKiCCO JOURNAL




HAPPY DAYS ! [Single, Maxi]
DOROTHY LITTLE HAPPY | 形式: CD (2012/1/11)