SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

アイドルがアメブロを使ってはいけない5つの理由

アイドルのブログと言えばアメブロ、それどころか、ブログ自体=アメブロ、と思われてるフシがある。
だが、素人が趣味でやるブログならともかく、アイドルが業として行うブログ(少なくともプライベートのブログではないはずだ)に、アメブロは不適切すぎる。アイドルがアメーバのブログでなければならないなどと誰が決めたわけでもない。思い込んでいるなら、その思い込みは捨てて欲しい。特にマネジメント関係者の方々にお願いしたい。
「オフィシャルブログ」としてアメブロを利用することは、それだけでアイドル本人を危険に晒す事になるのだ。
以下、理由を上げる。

アメブロはアイドルに詐欺の片棒を担がせる

アメブロは、ブログの読者を騙して宣伝を行うという業務を行なっている。これは、消費者庁からも問題であると指摘されているのだ。


アイドルたちに犯罪の片棒を担がせるな!消費者庁も指摘するアメブロ欺瞞の手口 - SKiCCO JOURNAL


実際に業務を受けるのは事務所だろう。だからアイドル本人はそんなこととは気づかずに、言われるがままにエントリを書いてるのかもしれない。だとすると、アイドル本人はファンを騙し、アイドルは自分自身も欺かれてたという、二重の不幸になる。
広告ならば、誰が見たって広告だから、ファンだって割り切ってる。だが、アメブロが行うステルスマーケティングという手法は、かくも非道徳的で欺瞞に満ちている。
アイドルをそんなことに加担させてはならない。

アメブロは偽りの健全性で現実を覆い隠す

アメブロが、アイドルなどの芸能人に利用される理由の一つは、コメントチェックの代行、炎上阻止部隊の存在だろう。
だが、彼らの雇い主は、アイドル本人でも事務所でもなく、アメブロすなわちサイバーエージェントだ(実際は下請けだろうが)。
その彼らが、アイドル本人のことをどれだけ考えられるだろうか。
実際、コメントが勝手に削除されている、と、ブログ主であるタレントの側から疑問や不満が出ている。


【コメントを勝手に削除される件について】|☆まかりな☆オフィシャルブログ「にこにこ部ログ」Powered by Ameba 熊本出身双子の2人組の女芸人
アメブロってコメント欄を勝手に削除してないか?|電撃ネットワーク ギュウゾウ ブログ『ギュウゾウ新聞』 Powered by アメブロ


おそらく、マニュアルにそって削除しているのだろう。だから、タレント(アイドル)本人や、ファンとの関係性など考慮することができない。心のこもった応援コメントと、中傷の区別もつかないようなのが削除してるのだ。そのことで、ファン側に不満を与えるのはもちろん、アイドル本人にも「ファンに悪いことをした」という意識を持たせかねない。
また、アイドル本人のことなど知りもしないし興味もないから、ファンにしかわからない隠語や、まわりくどい皮肉による中傷は防ぐことができない。言葉の上っ面しか見てないからだ。
アメブロ運営によるコメントチェックは、二重にアイドルを傷つけるのだ。


アイドルがアメブロを使ってはいけない理由 - SKiCCO JOURNAL


それを異常と気づいているなら、アメブロさんがやってるからサイバーエージェントがやってるから、ではなく、さっさと別のブログサービスへ移行すべきだ。

アメブロはメンテが多くて長い

これはみなさんもご存知だろうが、アメブロはメンテが多くて長い。


個人が趣味でやってるブログならともかく、アイドルが業として行うブログとしては不適切だ。
先日も、とあるアイドルさんが深夜に、翌日のイヴェント関する告知をしようとしたところ、アメブロメンテにぶつかって行えなかったという。
これほど長時間のメンテなら、利用者に連絡があるのだと思うが、アメブロ利用者に訊いたところ、メールが来るには来るが他の“無用な”お知らせが多すぎて見逃してしまう、ということだった。それでは周知になってない。


そもそも、6時間も全面的に使えないメンテが頻繁に起こる時点で非常識だが、どうしてもというなら、例えば、毎週日曜深夜とか、毎月◯日とか、利用者が覚えやすいようにすべきであり、それすらできないというのなら、アイドルブログ云々以前に、ネットサービス事業者として失格である。

アメンバー限定記事」はアイドルに相応しくない

アメブロには、アメンバーという機能がある。ざっくりいえばマイミクのようなものだろうか。アメンバー限定記事は、マイミク限定日記だということだ。
だが、アイドルは公の存在である。違和感を持つ人には、「一般人ではない」と言えば、ご理解いただけるだろうか。


その公の存在が、ユーザーを選別し、「あなたはこれを読んでいい」「あなたはこれを読んではいけない」ということを、公のブログでやるというのは、いかがなものだろうか。
ブログというか、インターネットは公の場所である。誰のものでもない。そこで公開しているブログで、勝手に読者を色分けするというのは、アイドルとしてふさわしい行いだろうか。


そして「アメンバー限定記事」が悪趣味なのは、「アメンバー限定記事」の存在が見えてしまうことである。ミクシィだってそんなことはしない。あの「アメンバー限定記事」というエントリにぶつかった時、閲覧者は、自分がそのアイドルにとって不要な存在であると宣告されているに等しいのだ。


限られた一握りのファンと慣れ合っていたいだけならそれもよかろうが、ファンを一人でも増やしたいという希望があるならば、「アメンバー限定記事」は使うべきではない。
アメンバー限定記事」を使ってるアイドルさん、認めている関係者の方は、そこのところを認識し、アメブロの利用について再考して欲しい。

アメブロは私信マニアの草刈り場

僭越ながら、アイドルマネージャーさん、事務所関係者の方々に忠告させていただく。
自分のところのアイドル・タレントが、ファンと隠密にデートしたりするのを望まないのならば、今すぐアメブロとは縁をきるべきだ。他のブログサービスならいくらでもある。


アメブロにはメッセージ機能がある。先に述べたアメンバー機能同様、アメブロユーザー同士をつなぐものだ。これを利用すれば、ブログ読者(ファン)とアイドル本人が“密通”することはたやすい。メアドを調べるまでもない。ブログを使った「私信」と違い、外部から検証されることもない。
そういう「俺も繋がれるかもしれない」という心理につけこんだキャバクラ商売でファン(そういうのをファンと言うのかどうか)を増やしたいってんなら、どうぞ引き続きアメブロをお使いください。
だが、そうでないというなら、さっさとアメブロの利用をやめて、他のブログサービスに引っ越すことを強くおすすめする。




さらに付け加えるならば、アメブロことサイバーエージェントが運営するアメーバピグは「出会い系」の温床でもある。リンクは貼らないが「アメーバピグ 出会い」で検索すると、「出会えるコツ」を紹介したサイトがわんさか出てくる。アメーバピグは、消費者庁も問題点を指摘する「無料」商法(無料詐欺)でもある。
またかつては、賭博まがいのサイトを運営していたこともある(社会問題化しそうになってあわてて閉鎖)。
満足なセキュリティ対策もできずパスワードが漏洩しても他人事。ブログのPV数を水増しし広告主を騙す。
それが、アメブロを運営するサイバーエージェントという会社だ。
これはもはや、利用者や取引先を食い物にすることしか考えてない社風と言っていいだろう


アイドルマネジメント関係者の皆さんはそこのところをよく考慮して、ぜひアメブロの利用を再考して欲しい。自分たちが食い物にされる前に。