SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

制服向上委員会 「2011 制服向上委員会 Public Rehearsal“ハッピー サーズデー記念日”Vol.7」 初台TheDOORS(19:00-)

毎週第一木曜日に行われるSKiの無料公開リハーサル。
今日はニューアルバム「世界で1番幸せ」の発売日でもあるということで、今日買った人はお好きなメンバーがCDにサイン!やったね!
メンバーが順番に出てくるから好きなメンバーからサインもらってくれというので、今日は誰が来てるのかスタッフさんに確認しなければ。
俺「早高千茶ちゃんは今日いますか」
ス「あー今日はお休みですねー」
俺「」


カトリーヌにサインしてもらいました。カトリーヌやさしい。普通に漢字で「香取優花」って書かれた。
それにしても、昨今の接触現場のようなめんどくささも無く、SKiはまったりしてて世知辛くないので、浮世の喧騒を一時忘れられる。
ってか、SKiに対して「まったりしてて世知辛くない」なんて思う日が来るとは、20世紀には想像だにしなかったわ。SKi自体はやってることたいして変わってないのにね。


今日の参加メンバーは、小川杏奈、清水花梨、香取優花、斎藤美輝、宮野愛沙、藤宮れいか、森朱里。
ハッピーサーズデーは一応公開リハーサルなので、全曲ライヴなどで失敗した曲にリベンジ、だそうです。リハって普通本番の前にやるものでは、笑。


「シンガー」(宮野愛沙、香取優花)と「あの日を忘れない」(斎藤美輝、香取優花)。2曲ともハーモニーが良いなあと感じた。それも、よく自称アーティストな方が自慢気にやってるようなのではなく、ごく自然にできていてるので、聴いてるこっちも肩がこらない。だから「シンガー」の歌詞をアハハと笑って聴ける。アイドルグループが非常に多い中、ハモリとかコーラスとか追っかけヴォーカルとか、グループならではの歌を聴かせてくれる数少ないグループがSKiなんだよな。
「降りしきる雨」(香取優花メイン、森朱里、清水花梨)ミッシェルの曲は積極的に歌っていくべきだよなー。埋もれさせるのはもったいなさすぎる。


森ちゃん以外全員出てきて「少年よ大志を抱け」これも今風なのでもっと歌ってって欲しいと思ってたので嬉しい。これは歌う前に振り合わせ。最後のキメポーズのタイミングが合ってるかどうか、鏡が無いのでとお客さんにチェックしてもらう体で。当然お客さんからは好きなコしか見てないって声上がるよね、笑。ってか思い出したようにリハっぽいことやるよな、笑。ちなみに本番では最後にあーにゃん(宮野愛沙)がコケそうになってたような、笑。だいたいリベンジのほうが失敗が多い、笑。
「恋愛知動説」(小川杏奈、清水花梨、香取優花、宮野愛沙、藤宮れいか)でも、間奏の入りで腕を上下に回すところのチェックしてから本番。ちなみに今日のお客さんは静かでした。そもそもお客さん少なかった。平日だし、師走のイッピに来れねえよの声も。とか言ってたらふと後ろ振り返ったらいつのまにかお客さんギッシリになってた。


ほぼ全員で歌った「明日に向かって!」がとても良かった。聴いたら思い出したけど完全に忘れてた。SKiにはこういう曲がゴロゴロあるんだよなあ。
A.I.S.Aのテーマ」A.I.S.A自体はどうでもいいと言うか、各方面の著名人にお伺いを立ててうやうやしく賞を設けるってのは、どうにもSKiらしくないと思う。でも、この曲自体はSKiらしいハチャメチャさでアリはアリだと思うので、俺の中ではあーにゃんの歌だと思うことにしてる。あと最後の方の変え声がどうしても空手バカボン思い出す、笑。


最後の曲として「涙のエチュード」。Aメロでカトリーヌが後ろ向くと姿勢がよさそうだなあといつも思う。
そのあと、今日もまたまた「おまけ〜」と小川杏奈さん。おまけシステムいいな。俺は好き。21世紀にもなって茶番アンコールはもういだろって感じ。


というわけで、おまけの2曲。
「名もなき声に」森ちゃんも参加。
「ダンシングセブンティーン」は森ちゃん以外の6人で。他の曲でもそうだけど、後列とかバックダンサーのときのあーにゃんは本当に楽しそう。ってか今日は後半やたら楽しそうだった。かわいい。あーにゃんの笑顔がもっと見たいなあ。



制服向上委員会ニューアルバム「世界で1番幸せ」は本日発売。「TVにさようなら」は停波後版で再レコーディングされてました、笑。


世界で1番幸せ
制服向上委員会