SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

中国全土には即日配信するが日本国内には見せない日本のテレビ局

何が何だかわからない……。
asahi.com(朝日新聞社):「NARUTO」放映当日に中国で配信 テレ東のアニメ - 文化

 テレビ東京は24日、同局が放送するアニメーション3番組を、中国の大手動画配信サイトに即日配信すると発表した。12月1日から開始する。中国国内の業者と組んで正規の映像を流すことで、横行する違法映像を締め出すのが狙い。

 配信する番組は「NARUTO(ナルト)」「BLEACH(ブリーチ)」「SKET(スケット) DANCE(ダンス)」。さらに4〜5作品を検討中という。中国大手の動画サイト「土豆」と提携し、中国語の字幕とCMを付け、日本での放送より1時間遅れで配信する。


 配信された番組は中国国内でだけ見ることができる。

配信された番組は中国国内でだけ見ることができる。
配信された番組は中国国内でだけ見ることができる。
配信された番組は中国国内でだけ見ることができる。


え?


呆れてものが言えない時期はとうに過ぎて、もう気が狂ってるとしか思えない。


テレビ東京系列の放送局は、テレビ東京自身を含め6局。放送エリアは13都道府県にとどまっている。テレビ東京の番組は系列局以外にもネットされているとは言え、全てではない。例えば、記事中にある「SKET(スケット) DANCE(ダンス)」もテレビ東京系列のみでの放送で、全国のほとんどの地域で見ることができない。


テレビ東京を含め、放送各局は、これまで放送域外での視聴をことごとく妨害してきた。私は日本語を間違えてるわけでない。彼らは、自分たちの番組を視聴しようとする人々の邪魔をし、視聴したい人々へ便宜をはかる業者を裁判で次々に潰してきた。自分で書いててもわけがわからなくなってきそうだが、事実だ。
まねきTV裁判にいたっては、「自分の機材」で「自分だけが視聴」しようとするのを、インターネット経由であるというだけで、「著作権を侵害されている」として裁判を起こし、結局、「違法」とされた。日本は法治国家だから(棒)裁判所が違法といえば違法だが、あまりに現実を無視しすぎている判決だ。個人が個人の機材で視聴する、ただインターネット経由であるというだけで、機材の設置を業者に頼んだだけで、どこでどうやって誰の著作権を侵害するというのだ。この判決が日本のネットサービスの足を大きく引っ張り、挙句「黒船」に全部おいしいところを持ってかれそうなわけだが、そのへんはまた話が長くなるので、ググるなりなんなりしてくれ。


で、放送各局は、そこまでして、視聴者の視聴を制限してきたのに(何度書いてもアホな文面だ)、中国には自ら配信するという。日本でも見れない人がたくさんいるというのに。


しかもその理由が「違法視聴対策」だってんだから、まさしく“何が何だかわからない”だ。
テレビ東京、「NARUTO」などアニメ作品を中国で即日無料配信へ!違法視聴対策の一環か - シネマトゥデイ

 今回の正規配信について、テレビ東京側は「これまで、中国において違法視聴対策を行ってきましたが、状況を改善するには、ビジネスとの両輪が不可欠と判断、正規配信に向け、交渉を続けてきました」と急増する違法視聴がきっかけになっていることを説明。

テレビ東京の番組は系列局以外でネットされる場合は、だいたい何日か、何週間か遅れることがほとんどだ。それが中国では1時間遅れで見られるという。


なんだそれ?


ならば日本の視聴者、特に地方の視聴者は、これまでどおり、“あらゆる手段”を使って視聴するしかないだろうなあ。テレビ局が根負けして自ら配信する日まで。
違法だって?違法かどうかは裁判所が決めるんだろうが。せいぜい訴訟がんばってください。


※本エントリは違法行為を賞賛、推奨するものではありません。