SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

AKB48もうひとつの未来

後出しジャンケンをするつもりはないが、できれば去年中、遅くとも今年の総選挙をやる前までには、AKオリジナルメンバーかつ選挙上位の人気メンバーたちは卒業しておいたほうが、メンバー、AKB48全体両方にとって、よかったのではないかとか考えてた。私と会う機会のあった人なら、あーわんこ☆ちゃんそんなこと言ってたなあ、またいつもの妄言かあ、と覚えててくださってるかもしれない。


後出しジャンケンでないなら、なんで今頃そんなこと言ってるかといえば、ひょっとしたらあったかもしれない、今とは別のAKB48の姿に想いを馳せる機会があったからだ。


最近オンエアされたテレビ番組「ミュージックフェア」で、渡り廊下走り隊フレンチ・キスジョイントするシーンがあったが、ゆきりんがセンターで歌う姿があまりに様になっていて、かつ本人が楽しそうで、こっちまで笑顔になってしまい、嗚呼、こういうAKB48見たかったなあと、しみじみしてしまった。

こちらは軽く話題になってた、まゆゆゆきりん(とJUJU)の「明日がくるなら」。

音楽的素養などない私個人の感想だが、まゆゆがまさにアイドルオブアイドルな歌唱の一方、ゆきりんの歌声は、世が世ならソニーあたりがガールポップとして売り出してたのではないかなと思わせる響き。この二人がダブルセンターを務めるAKB48とか、わくわくするじゃないか。
番組は違うが、こちらはまゆゆセンター。

絵面がもうフレッシュだよな。現行のAKB48には間違いなくこのフレッシュさが内包されているのに、それが全然活かされてないあたりが悲しい。


あと、動画見つからなかったけど、何かの歌番組でまゆゆがセンターの「フライングゲット」を観たら、その笑顔がすごく眩しくて、強く印象に残っている。
嗚呼、そんなAKB48なら、まさに「あと10年は戦える」と言えたのだが。