SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

オリコン依存がアイドルを殺す

最近「AKB商法!」といった批判をとんと見なくなった。AKBに限らず、アイドル界隈はもうみんなそれ前提で動いてるんだから言えるわけがない。


私も、私の知人らも、同じCDを何枚も、あるいは何十枚も、あたりまえのように買っている。買うほうが納得の上で好き好んで買っているのならばその購買行動自体は非難されるいわれもないし非難すべきことでもない。
だが、売る側がそれを当然のこととして、それ前提で商売回していくことには何かひどく違和感を覚える。以前は、「(いわゆる運営は)金が欲しければ気持ちよく金を使わせろ。騙すなら上手く騙せ」と散々指摘されてたが、昨今はもはや騙そうともしない。明け透けに「おんなじCD山ほど買ってください、別にファンの人数増えなくてもいい、CD売れればそれでいいんで」といけしゃあしゃあと言う。
これは何だ。お前らはいったい何者だ。


握手会だって実施する側も手間も金もかかるし楽じゃない。それでも今こんな状態になってしまっているのは、突き詰めればオリコン対策だ。
では何のためのオリコン対策かと言えば、オリコンで上の方にいかないとメディアに取り上げてもらえないから。メディアが取り上げないと注目しない、自分の好きなものを自分で決められない輩が多いからだ。


そんなものにとらわれた結果、人気を上げビジネスを継続していくための施策が、いつの間にかオリコンランキングそのものが目的となり、少数の客におんなじCD山ほど買わせてオールオッケーとか思ってる。
オッケーじゃねえよそんな商売いつまでも続けられると思ってるのか。
自分の好きなアイドル(プロジェクト)が活動を継続していくためにと思うファンの心につけこんで買わせているつもりかもしれないが、それゆえこの手の施策でファンの頭数は増えない。
気づいているのかいないのか知らないが、基本的にファンってのはほっといたら減ることはあっても増えることはないのだ。アイドルブームのこのご時世ならなおさらである。ファンはつまんなかったら他へ行けばいいんだから。
だから、活動を継続、拡大していきたいなら新規を増やしていくしか方法はない。


それを「オタクなんか握手させりゃ何枚でも買うだろへっへー」的な考えで施策を続ければ、まともな客は離れ、新規は近づけなくなる。結果、曲にもステージにも興味のない一人握りの接触目当て客だけになり、それだけ客が少なければたいして買わなくても彼らの「目的」は達成されてしまう。
10,000人が1枚ずつ買っても100人が100枚買っても同じ、はもっともらしく聞こえるが、客が100人しかいなければ彼らはわざわざ100枚買う理由がなくなる。それゆえトータルでは売上は伸びないし、むしろ今後減る要因にしかならない。
本当に売上を伸ばしたいのであれば、愚直にファンの頭数を増やしていくしか方法はないだろう。


目先の枚数、目先のオリコンランキング、目先のメディア対策にとらわれていては、結局アイドルを短命にさせてしまう。
目利きのできなくなった、オリコンランキングの後追いしかできないメディア対策のために、ファンを増やすことができなくなってしまっては本末転倒ではないか。
未だに地上波テレビをありがたがる風潮が根強いが、あれは、人気が出てきた後の補完や加速には効果的でも、これから立ち上げる場合には不向きなのだ。AKB48の立ち上げ時にドコモの大量スポット流れてても誰も覚えてないだろ。地上波に出てれば誰でも人気者なんて時代はとっくの昔に終わってる。


メディアに出るためのオリコン対策、そしてそのための大量買い誘導施策は、弱小事業者がゲリラ的奇襲的に行うのであればまだしも、少なくとも「メジャー」を名乗る事業者のやるべき手法ではない。自分たちの首を絞めることになるといいかげん気づかなければならない。


(関連)オリコンチャートを絶対視するメディアとそのメディアを妄信する連中が「AKB商法」を可能にした - SKiCCO JOURNAL