SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

東京女子流 LIVE*018『東京女子流 2010年ありがとうごじゃいました』 渋谷O-WEST(18:30-)

恥ずかしながら女子流ちゃんの定期ライヴに来るのははじめてでございます。ってか女子流自体ようやくこないだ観たばっかなんだけどさ。
ツナギ姿で登場、いきなり最初から「Get Over」(dream)とか震える。あんまり懐かし過ぎで誰の曲か思い出すのに時間かかるまである。そのあとの「キラリ☆」「鼓動の秘密」「きっと 忘れない、、、」とエモい曲がたたみかけるとかマジ震える。
女子流ちゃんは自己紹介があっさりめなのが好感。AKBのパチモンみたいなだらだら長いキャッチフレーズとかもう聞き飽きたんで。
冬の曲とか言って「White Love」(SPEED)やってたけどこれこのコらが生まれる前の曲だよな。年齢非公開だけど。ってかあの島袋パートを破綻なくやってるだけでも特筆もの。
中盤〜ラストの「Love Raspberry Juice」(SweetS)、「Amazing Love」(Folder5)、「Believe」(Folder5)、「Grow into shinin' stars」(SweetS)とかタカまった。ベックス名曲すぎるってか今までどんだけ埋もれさせてたんだ的な感情も無くはないが、こうして歌い継いでいって女子流ちゃんとともに曲も有名になってくれれば、志半ばにして倒れていった多くの者たちへの供養になるかなとか一方的に考えたりってか勝手に殺すな。グロウイントゥー間奏のフェイクってかラップみたいな場所は小西彩乃一人でやってて苦しそうだったんで5人いるんだから掛け合いにすればいいのになあとは思った。
アンコール1曲目は知らない曲だったがたぶんワンピースの曲だろう。東方神起の「ウィーアー!」って曲らしい。「Love like candy floss」「おんなじキモチ」「頑張って いつだって 信じてる」と続いておしまい。
こないだ観たときは新井ひとみに心奪われすぎたけど、今日あらためて観てみたら庄司芽生もいい表情してるなあと思った。
今日はたくさん曲聴けて観れたけど、歌う人と踊る人がちゃんとわかれるようなフォーメーションになってて良いなと思った。ちゃんとライヴやろうとしたらそうなるよね。
あとそもそも論だけど、やっぱ現場いいな!最近女子流ちゃんをはじめライヴをustすることが多いし実際俺も観まくってたんでもーこれでいいかな現場行かなくてとか軽く思ってたんだけどやっぱり現場行かないとだわ猛省する。もちろん現場行きたくても行けない人はたくさんいるわけだからustは続けて欲しいけど。まだメディアで見る機会が少ない女子流ちゃんとかは特に。