SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

SDN48 「誘惑のガーター」公演 AKB48劇場(20:30-)

実に一年半ぶりに観る劇場公演。正直生きてもう一度この劇場に入れるとは思わなかった。はじまる前にちょろっとB公演をカフェ観しようかと寄ってみたんだが千秋楽でもないのにすげえ混雑な上にスクリーンやスピーカーまで用意されてて驚いた。ドンキがAKB48ビルになってたのも驚いたけど。
そしてSDN48も初見。やっと浦野さんに会える!とか思って意気込んで行ったらまさかというはやはりというか抽選干されてラス2とか。おまえそれが一年半ぶりに来た人間に対する仕打ちかよ。
浦野さんのポジションも知らないしどこへ行ってみようでもないが、扉前のお立ち台が空いてたのでそこへ。柱の4本のテープがよく見える。
というわけではじめてのSDN48、はじめての「誘惑のガーター」公演。曲でもMCでも柱を配慮してか上下に散ったり動いたりしてるようなのが多くて干された身としては助かった。セリを使った演出も久々に観たがやはりダイナミックだなあ。
浦野一美さんが素敵だったのは言うまでもない。
全体曲でも何でも、佐藤由加理さんが非常に良い目立ち方をしててついつい目を奪われてた。ユニット曲の小原春香さんが似合ってて良かった。初見のメンバーの中では河内麻沙美さんが実に魅力的だった。特に目線の使い方などで、最後列にいる人間を目が合ってる気にさせる力を持っているのが素晴らしい。歌や踊りとはまた別の才能だからな。
終演後のハイタッチ。浦野さんに粘着しようと思って、探しながらハイタッチしてたらいきなり目の前に現れて「あーわんこちゃん!」って言われたらそれだけで浮かれてつい通りすぎてしまった、泣。