SKiCCO REPORT

ライターやってます。アイドル・ガールズエンタテインメントについて書いていきます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

Buono!のアルバム「Cafe Buono! 」




今さらなんなんだが、結局買った。ジャケは通常版の方が好きだったが、DVD付きのが残ってたので初回盤を。
聴いてみたが、特になんということはないアイドルのアルバムだった。そして「なんということはないアイドルのアルバム」が実に素晴らしいことがあらためてわかった。こういう爽快な読後感じゃなくって聴後感のアルバムは実に久々であるし、アイドルでしか味わえない。
気をてらってるわけでもないし、突出してインパクトのある曲も無い。長年アイドルを聴いてる人なら、特に目新しい点は無いと思う。そして、それでいてこの完成度ということは、実に丁寧な仕事をしているということだ。こだわりと言ってもいい。それも押し付けがましさやあざとさはない、あたりまえのように仕上げている。あたりまえのことかもしれないが、そのあたりまえをあたりまえに行っているケースは実に少ないし、だからこそ、聴いた後素直に軽く「いいねこれ」と言える。


あ、でも「Internet Cupid」だけはイントロ流れた瞬間に笑ったわ。こういうお遊びは大好き。中田ヤスタカ厨も安心のナウさだ。それでいて歌詞は「love web explorer 2001」を彷彿をさせる、と思って軽く検索してみたら・・・。